派遣社員と契約社員の違いやそれぞれのメリット、デメリット。働くならどちらがいいの?

派遣社員の働き方

派遣社員と契約社員は、どこか似ているようなイメージがありませんか。

派遣社員も契約社員も「契約」に基づいて、期間が決められているから同じようなものではないかと考える人も多いでしょう。

そして、実際のところどっちがいいのか疑問に思っている人も少なくありません。

ただ実はこの派遣社員と契約社員、働き方も働く上でのルールも全然違うのです。

本記事では、よく間違われやすいこの2つの雇用形態について、何がどう違うのか順を追って分かりやすく説明します。そしてそれぞれのメリット・デメリットを紹介し、どちらを選ぶべきなのかをトータル的に考えられるようにしていきます。

派遣社員と契約社員、同じ有期雇用でも全然違う

派遣社員と契約社員はどちらも「有期雇用派遣」と言って、期間に限りのある雇用形態になります。

この点で「似ている」と思われがちなのではないでしょうか。しかし実際に双方を比較すると、雇用主や働くまでの流れ、給料体系などが全然違うのです。

派遣社員と契約社員の違いについて、一つずつお伝えしますね。

雇用主

派遣社員の場合、派遣会社が雇用主になり雇用契約を結びます。実際に働く会社は派遣先の企業なので、一見派遣先の企業に雇われているように見えるのですが、給料は派遣会社から振り込まれるのです。

一方で契約社員の場合は、実際に働く会社に直接雇用されますので勤務先の会社と直接雇用契約を結びます。

以下は厚生労働省から引用した雇用図です。(引用:厚生労働省「労働者派遣を行う際の主なポイント」

双方の雇用関係がわかりやすく表現されていますね。

働くまでの流れ

派遣社員で働くには、まずは派遣会社に登録が必要です。そして自分の希望する職種や勤務地、時間帯や希望時給を担当者に詳しく伝えます。

登録はインターネットから登録できる会社もあれば、派遣会社に出向いて登録会に出るところもあります。私の場合は派遣会社の登録会に出向きパソコンのスキルチェックも受けました。

派遣会社に登録すると、担当者からの電話や求人情報のメールが頻繁に来て、仕事紹介は随時されます。もちろん派遣会社のホームページから求人検索をすることも可能です。

応募したい求人を見つけたら、担当者に電話をするかメールからエントリーします。エントリーした後の合否は、追って担当者から連絡が来るので結果待ちです。就労が決定したら勤務先(派遣先企業)に顔合わせに行きます。ここでいう顔合わせとは、面接ではありません。あくまでも職場見学といったところでしょうか。

一方で契約社員の場合、自分で勤務したい会社に応募し、書類選考と面接等の採用試験を通過して採用が決定します。派遣社員と違ってハードルが高く、採用までの道のりも遠いです。

自分の努力で採用されるのと、派遣会社が手続きを進めてくれるのとでは大きく違いますよね。

雇用期間

派遣社員と契約社員は同じ有期雇用契約であっても、派遣社員の場合は通常3ヶ月更新です。

一方、契約社員の場合は半年から、長ければ1年更新や2年更新の場合もあります。単純に一回当たりの契約期間は派遣社員より契約社員の方が長めです。

そして、派遣される最長の期限については、派遣社員は3年までとなっています。これは派遣の3年ルールという法律に基づいているためです。

一方で、契約社員の場合は特に制限がありません。また、契約社員の場合、5年を超えた場合に無期雇用転換の申し込み権が発生するという制度があります。(以下引用:労働契約法第18条)

同一の使用者(企業)との間で、有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みに より、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できるルールです。(労働契約法第18条:平成25(2013)年4月1日施行)

▶ 対象となる方は、原則として契約期間に定めがある有期労働契約が通算5年を超える全ての方です。契約 社員やパート、アルバイトなどの名称は問いません。

上記の通り、同じ会社で5年以上雇用されたら、労働者の申し込みによって有期雇用から無期雇用への転換が可能です。

そして、就労期間が5年を超えた契約社員が無期雇用転換の申込みをしてきた場合、会社側は法律によりその申し込みを断ることが出来ません。会社の事情があろうと法律には勝てないのです。

そのため、実態としてあらかじめ契約更新の上限(年数や回数)を5年以内に設定するなどの対策を行っている会社も増えてきています。

給料の体系

派遣社員と契約社員の給料体系で、大きく違うのは以下の3点です。

  • 時給制か月給制か
  • 交通費は支給されるか
  • ボーナスは出るか

派遣社員の場合、給料は時給制になり交通費の支給は出ないことの方が多いです。また、社員ではないのでボーナスは出ません。

一方で契約社員の場合だと、月給制となり交通費が別途支給されます。遠方から通う場合でも交通費が支給されます。さらにボーナスが支給される会社もあります。

ただし会社によっては異なる場合もありますので、事前に確認が必要です。

ちなみに補足ですが、派遣社員の場合は時給制なので、急に残業となった分も時給が出ます。

一方で契約社員の場合は、月給制のため残業代が出ない会社もあるのが事実です。

この違いを簡単な表にすると以下の通りになります。

派遣社員 契約社員
給料 時給制 月給制
交通費 なし あり
ボーナス なし 出ることも
残業代 出る 出ないことも

ここまでの大きな違いは把握できたでしょうか。

仕事内容

派遣社員も契約社員も、仕事内容は雇用契約時の業務内容部分に記載されているものに限られます。

ただ、社外の人である派遣社員に比べると、自社で直接雇用されている契約社員は、仕事の頼みやすさという観点から、派遣社員よりもより幅広く仕事を頼まれやすくなるでしょうし、責任の大きい業務内容になることも多いです。

例えば責任のある業務として、クレーム処理などが挙げられます。

私は実際に、契約社員として受付業務をしていたことがありますが、顧客のクレーム処理は、派遣社員ではなく契約社員の仕事でした。正社員同様、契約社員は責任がある仕事でも引き受けなければならなかったのです。

一方で派遣社員の業務は、会社にもよりますが単調なルーティン作業をすることが多いので、責任を負うような仕事をする機会がほぼありません。

なんとなく、どちらが大変かは想像がつきますよね。

派遣社員と契約社員はどちらがおすすめかはそれぞれのメリット・デメリットから判断

派遣社員と契約社員の違いを雇用期間や給料面、業務内容等で比較してみましたが、果たしてどちらがおすすめの働き方なのでしょうか。

また、大手企業で働くことを目指している人には、どちらの働き方がより近道なのでしょう。

その判断材料は、それぞれのメリット・デメリットになります。これは派遣や契約社員だけに限らず、パートもアルバイトもどんな雇用形態にも存在するものですよね。

では実際に様々な角度からメリット・デメリットを考えていきましょう。

最初の働きやすさなら派遣社員がおすすめ

派遣社員のメリットの一つに挙げられるのは、最初の働きやすさという点です。

派遣社員はあらかじめ自分の希望を派遣会社に伝えているので、希望に沿った条件の仕事をすぐに紹介してもらえます。しかも、紹介された仕事を一つ断ったとしても、またすぐに違う仕事が紹介されるので、早く仕事に就きやすいと言えるのです。つまり厳しく難しい選考がないので採用までのハードルが低いのです。

一方、契約社員として働くには会社の選考がを通過しなくていけません。そのためすぐに採用が決定するとは一概に言えず、就活に時間がかかる可能性が十分に考えられます。これは契約社員のデメリットとも言えますね。

未経験でも給料が高い傾向にあるのは派遣社員

派遣社員のメリットの二つ目に挙げられるのは、契約社員に比べ給料が高い傾向にあることです。

契約社員の平均月給は約16万円から20万円程度ですが、派遣社員は時給制になり、平均時給は1,200円から1,500円程度。

トータルの年収で考えると派遣社員の方が高い傾向にあります。

ではどれくらい違うのか、具体的に計算してみましょう。

例えば派遣社員の平均時給1,200円で働いた場合、月給に換算すると約21万円になります。これは契約社員の平均月給の16万円より5万円も高い数字ですよね。

派遣社員の平均時給は振り幅が大きいのもまた特徴で、もし時給1,500円で働くとなると月給は約26万円にもなります。

ただ、契約社員でもボーナスがある場合はこれに限りません。

できるだけ長い期間、同じ職場で働きたいなら契約社員

次に、契約社員のメリットとして、できるだけ長い期間同じ職場で働きやすい点が挙げられます。

先程も雇用期間の説明で触れましたが、契約社員の場合は一回の契約期間が長く、同一職場にいられる年数も最大5年間でしたよね。また、その後も無期雇用転換が申し込めます。

一方で、派遣社員の場合は最大で3年間しか働けないので、さらに長く勤めるには派遣会社に依頼して派遣先企業に部署の異動を交渉してもらうか、もしくは派遣先に直雇用を交渉してもらう他ありません。しかも、交渉成立する可能性は正直言ってかなり低いでしょう。

いくら今の職場環境が良くても、3年すれば今の職場を離れなくてはならないのは派遣社員のデメリットではないでしょうか。

正社員を目指すなら契約社員

これもまた契約社員のメリットになりますが、正社員になりやすいという点が挙げられます。

何故なら派遣社員から正社員に直接雇用される可能性は実際のところ低いのが現状で、運よく雇用されたとしても正社員ではなく契約社員であることも多いからです。

一方で契約社員は「正社員登用制度」があり、契約時に正社員登用時期などが記されている場合が多いです。しっかりと運営されている会社でれば、条件をクリアすると正社員として登用されます。

ただ、名ばかりの正社員登用制度であったり、たとえ運用されていても数年に1回、100人に1人などかなり困難である場合も少なくはないので注意は必要です。

ちなみに、最も正社員になりやすいのは「紹介予定派遣」という派遣形態です。

紹介予定派遣とは「直接雇用を前提とした」一つの派遣の形態で、雇用期間は最大でも6ヶ月以内と短期間に定められています。

直接雇用される可能性が6割以上もあり、正社員として採用される可能性も高いので、もし正社員を望むならこの働き方がおすすめです。

雇用の継続性なら派遣社員

次に派遣社員のメリットですが、雇用の継続性が高いという点が挙げられます。

派遣社員の場合は一つの仕事が終わってもまた次の仕事をすぐに紹介してもらえますし、もし途切れることなく雇用が継続すれば、有給休暇もリセットされずに社会保険への加入も継続することが可能です。

ただし、一つの会社で派遣期間が終了し、次の派遣先に就くまでに1か月以上開いてしまうと有給休暇はリセットされてしまうので注意しなくてはいけません。

一方で、契約社員の場合は契約期間が終了し、会社側からの契約更新がない場合は自分で次の仕事を探す必要があります。契約更新がなくなると有給休暇はリセットされてしまい、社会保険も外され、次の仕事が見つかるまでは国民健康保険や国民年金への加入手続きが必要になります。

ここで補足ですが、契約社員が契約期間を終了した際に会社側が契約更新をしないことは、「雇い止め」と呼ばれます。契約社員といえば期間が随時更新されるイメージですが、実は契約期間終了と同時に雇止めに合うこともゼロではありません。

ただ、会社側が雇止めをする場合は、契約期間満了の30日前までに就労者に告知するということが法律で定められています。(参考:厚生労働省「有期労働契約の締結、更新及び雇止めに関する基準」)

また、対象となるのは有期労働契約が3回以上更新されている、もしくは1年を超えて 継続して雇用されている契約社員です。

このように契約更新がなくなった場合を考えると、契約社員の場合は国民保険への加入等で手間もお金もかかってしまうのがデメリットですね。

大手で働きたいなら派遣社員

派遣社員には、大手企業で働ける可能性が高いというメリットもあります。大手企業で働くには、派遣形態の一つである「紹介予定派遣」がおすすめです。

先程も述べましたが、紹介予定派遣とは、直接雇用を前提として最初は派遣社員で働き始めるというもので、派遣期間は最大でも6ヶ月になります。

平成25年度のデータによると、紹介予定派遣で派遣された人数に対し、その後直接雇用になった割合は半数もあることが分かりました。(参考:厚生労働省「平成25年度 労働者派遣事業報告書の集計結果」

実際に私の友人の話ですが、彼は紹介予定派遣からスタートして半年後、直接雇用が叶い大手企業の契約社員として働き、さらにその1年半後、その大手企業の正社員になりました。彼と近しい私が聞いても嘘のような話なのですが、そんなこともあり得るのです。

契約社員で大手に入るとなると、ライバルも多いでしょうから採用のハードルが非常高くなります。

大手企業で働いてみたいという希望があるなら、派遣社員の方がメリットがあるでしょう。

スキルアップ・キャリアアップはどちらも変わらない

スキルアップ・キャリアアップについては、派遣社員でも契約社員でも差はあまりないでしょう。

一つの業務に従事するという点ではどちらも同じですから、そこでのキャリアアップは双方に見込まれます。

また、派遣会社にしても大きな会社ではスキルアップ制度が充実している場合が多いので、その都度会社独自のセミナーに参加出来たり、自宅で勉強することも可能です。

スキルアップ・キャリアアップについては、雇用形態よりは働く会社次第と言えますね。

まとめ

本記事では、派遣社員と契約社員の働き方の違いやそれぞれのルール、またメリット・デメリットについてお伝えしました。今まで持っていた知識をさらに広げることは出来たでしょうか。

転職するには双方のメリット・デメリットを知った上で、どちらが自分にとっていいのかを総合的に判断することが重要です。

これらを知っているのと知らないのとでは、転職後に大きな差が生まれます。

せっかく転職し、新たな道を歩むのですから、正しい選択をして後悔のないようにしましょう。