派遣社員の年収は平均でいくらくらい?やっぱり200万円、多くても300万円台?

派遣社員の働き方

派遣に登録する時は、最初に必ず「希望職種」を伝えますよね。

仕事紹介を受ける側にとっては、毎回同じ職種の求人の話がくるので、当然月収も似たり寄ったりになり、それが平均的な給料だと思い込んでしまいがちです。

ですからもしかすると「自分の職種の平均年収」を意識することはほとんどないかもしれません。

しかし「気づいたら自分の年収が周りの友人の年収に比べて大きく下回っていた」というのはよくある話です。

もし自分の年収が平均年収を下回っていた場合、どうしたら年収アップができるのでしょうか。

本記事では、派遣の職種や地域別の平均年収に焦点を当て、正社員とも比較します。

派遣の平均年収について知っておくことで、今の自分をよりスキルアップさせたいと思うきっかけになるかもしれません。そしてどうしたら今より年収アップができるのか、その方法を考えていきましょう。

派遣社員の平均月収と平均年収(全体・職種別・都道府県別)

派遣社員の平均月収は、細かく言うと地域によっても職種によっても違います。

では、派遣社員の平均月収や平均年収を、全体から見た場合や、職種別・地域別で比較していきましょう。

派遣社員全体の平均月収・平均年収

平成29年度の派遣社員の平均賃金は12,212円です。(参考:厚生労働省「平成29年度の「労働者派遣事業報告書 集計結果」

1か月の勤務日数を21日として月収を計算すると、派遣社員の平均月収は約25万円となります。

次に平均年収です。会社の年間休日数によっても年収は前後しますが、ここでは年間休日数を113日として計算してみます。

日給12,212円×252日(365日-年間休日数113日)=年収3,077,424円

計算すると、派遣社員の年収は約300万円となりました。

ただし、この約300万円という数字はあくまでも全ての職種を混ぜた全体の平均年収であって、職種によって時給が違うので年収は大きく変わります。

では実際に時給によってどのくらい年収に影響が出てくるのか見てみましょう。

時給 月収 年収
1,000円 168,000円 2,016,000円
1,100円 184,800円 2,217,600円
1,200円 201,600円 2,419,200円
1,300円 218,400円 2,620,800円
1,400円 235,200円 2,822,400円
1,500円 252,000円 3,024,000円
1,600円 268,800円 3,225,600円
1,700円 285,600円 3,427,200円

上記のように、時給が100円変わると月収は16,800円の差が出ます。そして年収で比較すると、約20万円もの差になっていますね

つまり同じ派遣社員でも、時給1,000円と時給1,700円では年収差が約140万円にもなるのです。

職種別平均月収・平均年収

最初に全業務の平均月収は約25万円と伝えましたが、職種によって大きく差があります。

実際にどれくらい差があるのか、以下の表を見てみましょう。

(参考:厚生労働省「労働者派遣事業報告書表8 派遣労働者の賃金)」)

時給 月収 年収
一般事務従事者 1,250円 210,126円  2,521,512円
会計事務従事者
1,379円 231,693円 2,780,316円
 情報処理・
通信技術
2,169円 364,434円  4,373,208円
介護サービス
職業従
事者
1,195円 200,823円 2,409,876円
保健師、助産師、
看護師
1,828円 307,251円 3,687,012円
医師、歯科医師、
獣医師、薬剤師
2,914円 489,636円 5,875,632円
製品製造・
加工処理
従事者
1,343円 225,750円  2,709,000円

上記表を見ると、人気の事務系は平均で20万円前後の月収であり、年収は約250万円くらいです。

この年収を低いと感じる人も多いでしょう。しかし、事務よりも体力的にきついと思われる介護サービスでは、事務より年収が10万円ほども低くなっていました。

また、通信理技術者などのいわゆる「IT系エンジニア」で年収が400万円を超えているのが目立ちますよね。近年では、もともと給料が高いというイメージが強い「看護師」よりも、IT系の技術者の方が年収が高くなっていることが分かります。

しかし、上には上がいるものです。最も高い年収である医師や薬剤師は、IT系技術者の約1.3倍もの年収約580万円という数字が出ています。

派遣社員で年収500万円を超えているのですから、派遣でなかったら年収は…きっと想像以上なのでしょうね。

都道府県別平均月収・平均年収

では、都道府県別の平均月収・平均年収を見ていきましょう。

作成した表は全業務の平均賃金から計算したものとなっていて、実際は職種によって数字は大きく変わります。

もし自分の都道府県が載っていない場合は、厚生労働省で公表している以下のデータを参考にして下さい。(参考:厚生労働省「労働者派遣事業の平成29年6月1日現在の状況」

地域 全業務平均時給
月収 年収
北海道 1,230円 206,703円 2,480,436円
宮城県 1,325円 222,684円 2,672,208円
東京都 1,686円 283,353円 3,400,236円
大阪府 1,470円 246,960円 2,963,520円
愛知県 1,508円 253,344円 3,040,128円
広島県 1,478円 248,325円 2,979,900円
愛媛県 1,295円 217,665円 2,611,980円
福岡県 1,364円 229,236円 2,750,832円
沖縄県 1,193円 200,466円 2,405,592円

上記の表を見ると、一番高い年収は東京の約340万円であることが分かります。

また、東京・大阪・愛知(主要三大都市圏)の平均月収は約25万円前後、平均年収が約300万円前後と高く最初に伝えた派遣社員全体の平均月収・平均年収と同じくらいになっていますね。

つまり、三大都市圏の数字が全業務の平均月収・平均年収に大きく影響を与えているのでしょう。

また、主要三大都市圏から離れていくにつれて月収・年収に開きが出てくることも分かります。

例えば、北海道と沖縄の平均月収を比べても大差はありませんが、北海道と東京を比べると収に約100万円もの開きがあるです。

自分の都道府県の平均月収・平均年収は、今の自分の月収や年収と比べていかがだったでしょうか。

派遣社員と正社員の年収格差は年齢によって差が大きい

ここからは、派遣社員と正社員の年収格差を見てみましょう。

正社員の場合は昇給や昇格があるため、年齢とともに月収や年収は右肩上がりに増えていきますが、派遣社員には昇給も昇格もほぼありませんので、年齢とともに増えるものがなく、単純に時給の差が年収差を生み出します。

尚、正社員のデータは以下の厚生労働省、国税庁のデータを参考にしています。

(参考:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」、国税庁:「平成30年分民間給与実態統計調査結果について」)

年齢 正社員年収
(月収+
年間賞与
その他特別給与)
派遣社員年収
(時給1,200円)
派遣社員
(時給1,500円)
派遣社員
(時給1,700円)
~19歳 2,557,700円 2,534,400円 3,168,000円 3,590,400円
20~24 3,302,500円 2,534,400円 3,168,000円 3,590,400円
25~29 4,123,000円 2,534,400円 3,168,000円 3,590,400円
30~34 4,773,100円 2,534,400円 3,168,000円 3,590,400円
35~39 5,267,800円 2,534,400円 3,168,000円 3,590,400円
40~44 5,710,100円 2,534,400円 3,168,000円 3,590,400円
45~49 6,215,700円 2,534,400円 3,168,000円 3,590,400円
50~54 6,627,600円 2,534,400円 3,168,000円 3,590,400円
55~59 6,534,500円 2,534,400円 3,168,000円 3,590,400円
60~64 4,806,200円 2,534,400円 3,168,000円 3,590,400円
65~69 4,044,900円 2,534,400円 3,168,000円 3,590,400円

上記表の20代前半までの年収を見ると、時給によっては派遣社員の方が正社員の年収を上回ることもあると言えるでしょう。

しかし、20代後半になると一気に賞与や昇給で年収に差が出ます。

同世代でも、時給1,200円の派遣社員と正社員とでは年収が約100万円も違いますね。年収100万円の差があるということは、月収に直すと月に約8万円もの給料差があるということです。

さらにそのまま40代、50代になれば、正社員の年収は派遣社員に比べて約2倍以上になることもあります。

派遣社員と正社員の年収格差は、年齢を重ねれば重ねるほど顕著に表れるのです。

派遣社員が給料アップして年収を上げる方法

正社員と比べると「派遣社員はこんなにも年収が低い」ということを改めて痛感しますよね。

派遣社員の中には自分のライフスタイルを優先したかったり、事情によってあえて派遣を選んでいる人も沢山います。

では、そういった人は一生年収はアップしないのかというと、そうではありません。

確かに年収アップと言っても10円や20円の昇給だけでは、大きく年収がアップするとは言えませんが、できるだけ年収をアップさせる方法を提案していきたいと思います。

資格を取って時給が高い職種を選ぶ

仕事を探していると、「スキルが必要となる仕事ほど給料が高い」というのがよく分かると思います。

専門職になればなるほど給料が高くなり、「手に職」という言葉に重みを感じますし「資格」という強みも改めて感じることでしょう。「この資格があればもっと良い条件で働けるのに」と思う人も多いのではないでしょうか。

同じ派遣でも、職種によって月収や年収が大分違うことが分かりましたよね。

年収を今よりアップさせるには、時給が高い職種を選ぶのが一番です。

しかし、そのためには必要な資格を取って、スキルを証明するなどの努力が必要でしょう。

あえて残業が多い会社を選ぶ

派遣社員は残業をしないという選択もできますが、年収を上げたいのであれば、あえて残業が多い会社を選ぶというのも一つの手でしょう。

派遣社員にはサービス残業がありませんので、残業した分だけきちんと給料に上乗せされて返ってきます。

場合によっては、サービス残業だらけの会社の正社員よりも稼げることもありますから、あえて派遣社員で残業を多くするのも良いでしょう。

勤務地を変える

都道府県別で比較すると、三大都市圏に近づくほどに月収や年収が上がっていくことが分かりましたね。

もし今通勤している地域が時給の低いところであれば、勤務地を変えてみるのも一つの手段かもしれません。

ただ、住居を変えるとなると、返って家賃が高くなることもあります。

業務の幅が広がったことを引き合いに交渉する

自分にできる業務の幅が広がったなら、それを引き合いに派遣会社に交渉するのも良いでしょう。

「今ではこんなこともできますし、こんなことも任されています。」と言って、以前から大きく自分の業務の幅が広がったことをアピールし、時給アップの交渉をしてみるのです。

しかし唐突に交渉に踏み切るのではなく、契約更新時が交渉のタイミングとしてはベストでしょう。

転職して正社員を目指す

派遣会社に交渉してもせいぜい50円未満の昇給でしかなく、派遣社員の年収自体が不満になってしまったのなら、思い切って正社員に転職するのもありでしょう。

ただ自分で仕事を探し、履歴書や職務経歴書を用意して採用試験に挑むのですから、結構な根気と体力、そして期間が必要です。

年収がどうしてもネック、といった人は正社員として好条件の会社で働くことができれば不満は解決できますね。