派遣の仕事が決まらない、紹介して貰えない理由と対策

派遣社員の悩み

派遣会社に登録したからといって、必ず仕事がもらえるというわけではなく、登録後すぐに仕事をしたいのに仕事がもらえない、なかなか決まらないことがあることを知っていますか。

「仕事紹介はされるのに、実際にエントリーしたら決まらない」

「複数の派遣会社に登録したけれど、そのうちの一社からは登録後に何の音沙汰もなかった」

ということもあります。

では、こんなことが続いた場合、どうすれば良いのでしょうか。

本記事では、派遣の仕事がもらえない方や仕事が決まらない方の体験例とその理由、そして仕事をもらえるための改善策について考えていきます。

アルバイト・パート・派遣社員から正社員への転職を検討している方におすすめの転職方法は転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは通常の転職サイトと異なり、キャリアアドバイザーからのアドバイスを受けることができるので自己分析や提出資料を客観的な目線で作ることができます。

キャリアアドバイザーはアドバイスをしてくれるだけではなく、スケジュール管理なども含めて包括的にサポートをしてくれるので、「今の仕事が忙しくて時間が取れない」「スケジュール管理が面倒」と感じている方は転職エージェントを使うのがおすすめです。

特におすすめの転職サイトはリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは20代~30代(特に30歳まで)のサポートを得意としており、今まで一度も正社員として働いた経験のない方が正社員として就職できた実績も数え切れないほどあります。

取り扱っている求人数はは驚異の20万件以上です。(2020年9月)

自分の職歴やスキルに自信がない方や未経験職種や業界にチャレンジしたいという方や派遣社員の方で正社員としてチャレンジしたいという方にも向いています。

また、現在オンライン対談でも対応可能となっており、土日を含め午前10時~午後19時まで対応を受け付けていますので、面談までの手間もかなり減っています!

リクルートエージェントへの無料登録はこちら(公式サイト)

派遣会社に登録したのに仕事を紹介して貰えなかった体験例

派遣会社に登録したのに一件しか仕事の紹介されてない…。こんなに求人が少ないなんて思わなかった…。焦るよー。

今まで結構エントリーしてきたのにまた選考落ち…。どうして私だけ決まらないんだろう…。

派遣社員に登録したひとりの女性の話を例に挙げます。

30代前半の彼女は「会社なんてたくさんあるんだし、こんな会社辞めちゃおう」という気持ちで、残業が多い会社の正社員を辞めて派遣会社に登録しました。

彼女は「派遣会社に登録したからもう安心」と思っていましたが、その後1か月に1、2回のペースで仕事の紹介を電話で受けるといった感じとなっていました。会社を辞めてしまったため、登録後すぐに決まると思っていたのに無職状態が続きます。

3か月目に入っても紹介が少なくさすがに焦り始め、派遣会社の名前を調べると派遣会社自体がブラックだったことに気が付きました。

初めて派遣会社を利用した彼女は、派遣会社に種類があることすら考えず、軽い気持ちで登録した為にこのようなことが起こりました。つまり原因は「情報収集の不足」です。

その後、大手の派遣会社2社に登録し直し、1か月後には採用が決まりました。

そのほか、求人に積極的にエントリーして顔合わせまではたどり着くものの、最終段階でいつも決まらないというパターンになってしまう方もいます。

本番に弱く、面と向かって質問されるとうろたえてしまうため面談がうまくいかなかったのです。

結局、派遣会社の担当者に相談して、顔合わせの練習をしてもらってからは少し自信を持って話せるようになり、見事就職が決まりました。また担当者も面談でフォローに入ってくれ、不安なく面談に挑むことができました。

以上のことから登録する派遣会社はとても重要で、気の合う担当者がつくということが大切なのです。

派遣の仕事がなかなか決まらない理由

体験例のように派遣の仕事がもらえず、中々仕事が決まらなくて悩んでいる方は、どうして派遣先が決まらないのかについて理由をチェックしていきましょう。

派遣会社がブラック

派遣会社がブラックな会社だと、全然仕事を紹介してもらえないため仕事がいつまで経っても決まりません。

こういった派遣会社は、求人には好条件のものが多く出ていますが、実際に希望を出すと「つい最近締め切ったばかりなんです」と言われ、架空の求人の疑いがあります。

実際にそのような派遣会社は多く、登録させて個人情報を集めているだけの場合もあるようなので注意が必要です。

やはり派遣会社に登録するなら大手が安心でしょう。

派遣会社から信用がない

派遣会社に問題があるのではなく、自分が派遣会社から信用されていないために仕事をもらえないという場合もあります。

例えば、これまでの仕事をすぐに辞めていて1年も続いたことがなかったり、派遣として働く前の職歴がブランクだらけで「辞め癖があるのでは」と疑われてしまっているのでは、残念ながら信用は薄いでしょう。

この場合は、長く勤められそうな派遣先を見つけるため自分は働く上で何を一番に求めているのかをよく考えて求人を選ぶ必要があります。

また一番の条件に伴い、目をつぶれるところも考えなければなりません。優先したい条件ばかり求めてしまうとすぐに合わないと辞めたくなったり、見つからなかったりするので、優先条件に伴い出てくるデメリットに対して寛容になることが大切です。

  • 時給は高いところがいい。それに伴い、通勤時間が長いのは仕方ない。
  • やってみたい仕事がある。やりがいを求めたい。それに伴い、地味な服装の指定があるのは仕方ない。

このように多少のデメリットを認めつつ職場を探すほうが圧倒的に早く見つかります。

派遣会社を一つに絞っている

派遣会社に登録しているのは一社だけという場合も、仕事の紹介頻度が低くなってしまいます。

派遣会社に登録している方に「何社に登録しているか」を聞いたところ、2社以上に登録している人は8割を超えているという結果が出ています。(参考:はたらこねっと「派遣社員の本音」

登録数が多い方が仕事紹介も多くきますので、一社だけに絞らず数社に登録してみましょう。

派遣会社からの印象が悪い

「人は見た目が9割」という言葉があるように、第一印象というものは非常に大事です。

服装がだらしない、ため口や学生の時のような口調など、派遣会社からの印象が悪い方は仕事を紹介してもらえません。

ただ、派遣会社に登録に言った後、仕事が決まるまでは基本的にはもう派遣会社に出向くことはありません。

つまり、派遣会社に登録した時の印象が9割を占めていると言えます。

その時の印象次第で、担当者から「仕事を紹介したいと思える人かどうか」が決まるのです。

派遣会社に登録に行くときは私服のことが多いですが、だからと言って清潔感のない服で出向くと印象が良くないため後々損をするでしょう。

自分のスキルに合った仕事ではないものに応募している

自分のスキルに合った仕事でないものに応募しても、仕事は決まりません。

履歴書などではよく「多少は自分を過大評価するように」と言われますが、それはライバルに勝ち抜くためです。

しかし、派遣に関しては「即戦力」が求められるため、現場ですぐに使えるスキルかどうかが大事なのです。事務職の経験があるなら事務職、営業職の経験があるなら、どんな商品をどれくらい売ったのかなど同じ業種や似た業種を選ぶのが良いでしょう。

介護職をしていて、文字作成の経験もないのにライター職になりたいと申込んでも職場を知っている派遣会社は「この人のスキルではこの仕事は無理だ」と判断しますので、採用は難しくなります。

倍率が高いものばかり狙っている

仕事が決まらない原因の一つに、倍率が高い求人ばかりを狙っているということもあります。

大手企業や好条件のものばかりに応募すると、当然ながらライバルが多いので仕事が決まらない確率が高くなります。求人倍率が高いことは担当者に聞くと教えてもらえます。

顔合せの対策をしていない

せっかく企業にエントリー(応募)し、顔合わせの日が決まったのにも関わらず、顔合わせ対策をしていなかったために落ちたというケースもあります。

顔合わせは面接とは違い「もう入社が決まったようなもの」と思いがちですが、ライバルが多ければ当然派遣先も選考するでしょう。

顔合わせが決まったからと言って安心し、何も対策せずに派遣先に行った場合、急に派遣先の上司から色んな質問をされて上手く答えられなかったということがないようにしておきましょう。

派遣の顔合わせ対策について、詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

派遣の顔合わせって何?面接と一緒で不採用になることもある?
皆さんは「面接」という言葉には馴染みがあるでしょう。就職する際に1度は通る門ですよね。 しかし派遣でいう「面接」は、一般的にイメージされる面接とは少し違います。 また、「顔合わせ」という言葉を聞いたことはありますか。実は、派遣と...

一社しか応募しない

一社しか応募していない方と複数応募している方とでは、仕事の決まりやすさは違ってきます。

会社を絞るのは良いことですが、必ずしもその会社で採用が決まるとは限りません。

すでにエントリーしている会社があるのに、他の会社にエントリーしても良いのか分からないと悩みがちですが、大手派遣会社の回答では「複数の会社にエントリーしても良い」となっています。

むしろたくさんエントリーして、早く仕事に就きたいことをアピールする方が良いかもしれません。

仕事がなかなか決まらない方のための改善策

仕事がもらえない、決まらない方の理由の中に、心当たりがあるものはありましたか。

何となくでもこれが原因かもしれないと思ったら、あとは改善するだけです。

ここからは実際に仕事がもらえない方、決まらない方のための改善策を提案していきます。

そのままにせず自ら求人を探す

派遣会社から仕事をもらえないからと言って、そのままにしておくのは一番良くありません。

時間だけが過ぎ、生活費も削られ、ブランクが開くばかりだからです。

派遣会社に問い合わせをしたり、自ら求人サイトを検索したりするなどして積極的に仕事を探していきましょう。

また担当者に相談しておくと信頼関係もでき、自分を知ってもらえるので試してみてください。

他の派遣会社に登録する

もしも派遣会社を一社に絞っていたり、小さな派遣会社にしか登録がないといった時は、ぜひ他の派遣会社にも登録してみましょう。

派遣会社によって仕事の求人数も違えば、同じ求人でも時給が違います。

一つの派遣会社だけに頼らないことが大事でしょう。

派遣会社に印象を良くする

「登録時に派遣会社に与えた印象が良くなかったかもしれない」と思う方は、電話越しの印象をせめて良くしましょう。

特に、言葉遣いや謙虚な姿勢は顔が見えないからこそ伝わることがあります。

派遣会社から連絡すらこない場合は、電話をして「いつもお世話になっております。今も仕事を探しているのですが、見つからないのでぜひ相談をしたくてお電話しました。」と言いましょう。

また、電話を切る際も一言「お時間を取って頂きありがとうございました。引き続きよろしくお願い致します。」と付け加えるだけで印象は変わります。

また、自分でスキルアップをして「こんなこともできるようになりました。」と仕事の幅を広げたことを報告すれば、紹介してくれる求人数も増えるでしょう。

条件に優先順位をつけ、そのことを派遣会社に言う

自分の条件があまりにも好条件ばかりで、ハードルを高くしてしまったと思う場合や登録してから時間が経っているのに仕事がこない場合は、自分の条件に対して優先順位をつけ直す必要があります。

時給だけは譲れない、勤務時間だけは譲れないなど、人それぞれ妥協できない部分はあるでしょう。

優先順位をつけ直し、派遣会社の担当者に連絡して「自分の中で優先条件を考えてみました。○○の部分は変わらず重視したいのですが、○○の部分は妥協しようと思っています。」などと伝えるのが良いです。また希望する勤務地のエリアを広げるのもひとつの対策になります。

常に連絡は取れるようにしておく

連絡がつきづらい方は「あまり就業意欲が感じられない」と判断され、派遣会社からの仕事紹介も次第にこなくなる可能性が高くなってしまいます。

仕事を紹介してもらうためには、常に連絡は取れる状態にしておくことが大事です。

また、これまで連絡がつきにくかったかもしれないと思う方は、連絡を取った時に一言謝罪しておいた方が良いでしょう。

派遣会社から仕事をもらえない時は自分にも原因があることが多い

今回は、派遣会社から仕事をもらえない、仕事が決まらないという方の体験例や理由、改善策について考えてみました。

もしこのような悩みを抱えているのであれば、自分にも何らかの原因がないか考えてみましょう。一つや二つは自分にも心当たりがあるということがあるかもしれません。

自分で原因の目星をつけて改善できれば、今まで以上に仕事紹介の件数が増えることが期待できます。

派遣の場合は派遣会社がサポートしてくれますから、一人で悩むのではなく、担当者に積極的にコンタクトをとって助けてもらうことが大事です。

派遣会社が味方になれば仕事の紹介もたくさんしてもらえることでしょう。

もしも派遣社員から正社員を目指すのも一つの選択肢

派遣の仕事がなかなか決まらなくて悩んでいる方は正社員として働くという選択肢も一つ入れてみるといいでしょう。

「派遣社員として働いているけど、いつか正社員を目指している」と考えている方は不安な気持ちで働き続けるのではなく、正社員をすぐに目指した方が金銭的にも精神的にも安定していきます。

転職サイトはどれに登録すればいい?

正社員への転職を考えている方の多くは転職サイトに登録して活動をしています。

この時どの転職サイトに登録をすればいいのか悩むかもしれませんが、選び方としてはシンプルに掲載求人数の多いサイトとサポートが充実しているサイトを選ぶのがおすすめです。

掲載数が多ければ選択肢も増えるため自分に合っている職場が見つかる可能性が上がるからです。

また、サポート体制もサイトによって異なるので登録をする際はできるだけサポートの手厚いサイトを選ぶようにしましょう。

特にキャリアアドバイザーがついてくれるサイトは自分だけで全て完結する必要がなく、自分に合っている求人内容の提案やスケジュール管理、応募書類の添削などをしてくれるので、短期間で結果を出したい方におすすめです。

大手サイトで特におすすめなのは下のハタラクティブ、ミイダスです。

正社員への転職でおすすめの転職サービス3選

リクルートエージェント

ハタラクティブ

ミイダス
サービスの種類 転職エージェント 転職エージェント 転職サイト
求人数※1

200,244件以上

2,300件以上

50,000件以上
対象年代 20代~30代 20代~30代 20代~40代
利用者の内定率

非公開

80.4%

非公開
アルバイト・派遣の方の利用者

多い

多い

少なめ
アルバイト・派遣から
正社員への転職難易度

少し対策が必要

難しくない

やや難しい
転職サポート
現在の収入 200万円~900万円 200万円~600万円 300万円~700万円

※1 2020年8月

おすすめの大手転職サイト

ハタラクティブ

ハタラクティブの特徴はフリーターや第二新卒などの若年層を対象とした求人を中心に掲載をしていることです。

そのため、未経験OKなどの求人数も多く、これから新しい業界や職種にチャレンジしたいと考えている人にもマッチした求人が見つかりやすいです。

サポート体制は専任アドバイザーが個別についてくれて、自分に合っている仕事などを一緒に考えて提案をしてくれるため「転職をしたいけどどんな方向性で探せばいいかわからない」と悩んでいる方におすすめです。

また、利用者の内定率は80.4%です。転職に自信がない方でもまずは行動に移すことで良い結果に近づきますよ。

 

ハタラクティブへの無料登録はこちら(公式サイト)

 

ミイダス

ミイダスは登録時にあなたの適正年収と、オファーをもらえる可能性が分かる転職サイトです。

普通の転職サービスとこなることは、あなたの学歴・職歴・スキルなどを記載したプロフィールを見た企業やヘッドハンターからのオファーを受け取ることで転職活動が進んでいくところです。

他の転職サービスと比較して、受け身でも利用しやすいので普段仕事で忙しくすぐに転職活動ができない方でもまずは登録してみましょう。

オファーを受け取った場合は、企業やヘッドハンターがあなたに興味を持っている証拠です。書類面接も免除されるので内定を獲得できる可能性も高まりますよ。

 

ミイダスへの無料登録はこちら(公式サイト)

 

転職サイトは複数利用すると短期間で決まりやすい

転職活動をする方の多くは2つ~3つの転職サイトを複数登録していることが多く、実際にそのような転職方法はおすすめです。

その理由としては各サイトによって求人内容が異なるので、なるべくその時々で良い条件の求人を確認できるからです。

転職サイトに登録をする自分のプロフィールや経歴内容は一回ベースとなるものを作ってしまえば他のサイトでも利用できますので、複数登録をする手間というのはあまりありません。

また、キャリアアドバイザーからのアドバイスを受けたり、様々なサポートを受けられるので通常の転職サイトのように自分で全てを管理しなくてもキャリアアドバイザー側でスケジュール管理もしてくれるので負担はかなり軽減されます。

上記3つの転職サイトは求人数も多く、質も良いため、どれか1つをベースに求人を検索して、ある程度網羅的に調べたら別の転職サイトでも同じような条件で検索をすると効果的です。

正社員、派遣社員どちらが良い?求人サービス比較

リクルートエージェント

ハタラクティブ

テンプスタッフ

アデコ
求人対象
正社員
正社員
派遣社員
派遣社員
求人数※1

315,431件以上

2,300件以上

16,932件

2,434件
転職・就職サポート 求人の紹介
書類・面接対策
入社日・給与交渉
求人の紹介
書類・面接対策
入社日・給与交渉

求人の紹介
職場訪問

求人の紹介
職場訪問
内定獲得の難易度 やや難しい やや難しい
難しくない

難しくない
求人の年収目安 300万円~800万円 300万円~700万円 200万円~500万円 200万円~500万円
求人の福利厚生※2 有給休暇
社会保険
健康診断
家賃補助
家族手当
財形など
有給休暇
社会保険
健康診断
家賃補助
家族手当
財形など

有給休暇
社会保険
健康診断

有給休暇
社会保険
健康診断

※1 2020年8月 ※2 求人による