使えない派遣社員の特徴や派遣先の対応、即クビとはならなくても更新してもらえない可能性は大

派遣社員の悩み

派遣先にとっては派遣社員が「使えるか、使えないか」が非常に重要です。

実際に「使えない派遣」が来てしまい、どう対処すべきか悩んでいる派遣先も少なくありません。

ただ、派遣社員にとってみれば言い分があり「そんなこと言われても」というケースも多いのです。

本記事では、そもそも会社が派遣社員を就労させる理由や、派遣先にとっての「使えない理由」、それに対する派遣社員側の「言い分」に焦点を当てていきます。

共感する部分が多い記事になっていますので、ぜひ参考にして下さい。

 

急な派遣切りや契約更新されないことが怖い・不安と感じている方は正社員に転職するということも視野に入れることをおすすめします。

正社員であればよっぽど会社に不利益を与えない限り急に解雇をすることはできないため、精神的な安定はもちろん、金銭的にも正社員の方が安定します。

今の仕事が忙しい、もしくは自分1人で上手く探せるか不安という方はキャリアアドバイザーがついてくれる転職サイト経由で探すと負担なく短期間で結果を出すことができるでしょう。
特におすすめの転職サイトはリクナビエージェントです。

リクルートエージェントは20代~40代の若年層を対象にした求人を多く取り扱いしているため、自分のスキルに自信がない方や未経験職種や業界にチャレンジしたいという方に向いています。

スケジュール管理やマッチ度が高い求人の紹介など親身な対応をしてくれることもリクナビエージェントの魅力です。
リクナビエージェントへの無料登録はこちら(公式サイト)

正社員への転職でおすすめの転職サービス3選

リクルートエージェント

ハタラクティブ

ミイダス
サービスの種類 転職エージェント 転職エージェント 転職サイト
求人数※1

315,431件以上

2,300件以上

50,000件以上
対象年代 20代~30代 20代~30代 20代~40代
スカウト機能
転職サポート
派遣から正社員への転職
現在の収入 200万円~900万円 200万円~500万円 300万円~700万円

※1 2020年1月

会社が派遣を使う理由

そもそも企業が派遣を使う理由は何でしょうか。

以下は、厚生労働省が企業に対して行った「派遣を就業させる理由」の調査結果です。

(参考:厚生労働省「平成 29 年派遣労働者実態調査の概況)」

上記のグラフから「欠員補充等で必要な人員を迅速に確保できるため」と回答している割合は約7割、ほとんどの企業は「今すぐ仕事に就ける人がほしい」という理由で派遣を使っています。

次に、数字は一気に下がりますが「一時的・季節的な業務量の変動に対処するため」という割合が35.8%です。

例えば販売職であれば、年数回のセールや年末年始のイベントなど、消費者の購買意欲が高まる時期の人員補充でしょう。

せっかくの稼ぎ時に人が足りないのでは、経営不振に陥ってしまうからです。

また「専門性を活かした人材を活用するため」「自社で養成できない労働力を確保するため」といった回答もあり、WEBデザインなどのクリエイティブ職やIT・機械エンジニアなどの技術職など、自社ではなく他で知識や技術を身に着けてきた人の需要があるということも分かります。

つまり、上位を占める理由をまとめると「今すぐ仕事に就ける人、さらに今すぐ仕事がこなせる人(即戦力)がほしい」ということなのです。

ただ「雇用管理の負担が軽減されるため」という回答も12.2%と少なくありませんので、現在は売り手市場ではありますが、それでもあえて派遣を入れたいという企業はまだ多いようです。

派遣先から使えないと思われる理由

派遣先から「この派遣は使えない」と思われるのは、どんな時でしょう。

働いている側からすると「使えない」と言われてしまうのは心外かもしれませんが、シンプルに派遣先の企業の求めていた業務内容や人柄とマッチしていなかったという可能性が高いです。

当然、派遣社員だけの問題はなく企業側の問題も含まれますので、一概に派遣社員が悪いということにはなりませんが、派遣を受け入れている企業側の目線になって見るといくつかの問題点も浮かび上がってきます。

即戦力を求めているのに仕事ができないから

先程の調査結果にもあったように、企業は「今すぐ仕事に就ける人、さらに今すぐ仕事ができる人(即戦力)が欲しい」という思いが強いので速に確保したはいいけど仕事ができない人」に対して「使えない」と思います。

たとえば教えた通りにやってくれれば問題なくできる業務なのに、理解力がなくて違う風に捉えられたり、慎重になり過ぎるあまりに時間がかかり過ぎるといった場合「この派遣社員は即戦力にならない=使えない」と思ってしまうのです。

派遣先から言わせると「今すぐやってほしいのに、何でこんなこともできないの?」という感じてしまう可能性があります。

そもそも派遣会社の営業担当者が使えない

派遣先が「使えない」と思う相手は、派遣社員だけではありません。

そもそも使えない派遣社員を派遣してきた「派遣会社の営業担当者が使えない」と思っている派遣先は多いのです。

営業の方が上手く企業が求めるスキルと派遣社員の方のスキルを見極めていないと派遣先の企業は「自分たちが求めていたスキルがない」と感じてしまいます。

そして結果的に「派遣先が求めているレベルに見合った人材でなかった」というパターンになります。

例えば事務職で「基本的なOAスキルが必要」という条件で募集したのに、派遣されてきた人のレベルが「口が裂けてもできると言えるレベルではない」という場合、「どうして条件に見合った人か事前に確認してくれなかったのか」と憤るのも無理はありません。

このようなケースでは派遣先から言わせると「ちゃんとこっちが求める人を派遣してよ。」と感じてしまうことも仕方ありません。

教育体制があるにも関わらずやる気がないから

派遣先によっては教育体制や研修が整っているところもあります。

たとえばコールセンターはしっかりと研修が用意されているため、未経験者でも挑戦できるようになっていますし、募集人数も大量募集が多いです。

しかし教育体制が整っているにも関わらず、教育中に全然違うことをしていたり、居眠りしたり、仕事に対してやる気がない派遣社員も中にはいます。

教育体制が整っていない会社も多い中、教育に時間や労力をかけているにも関わらずそんな態度を見せられたのでは「せっかく教えてあげているのに何なの?使えない。」思うのも仕方がないでしょう。

派遣だからという意識の低さがある

派遣社員の中には、何に対しても「派遣だから」という理由をつけて仕事を避けようとしたり、仕事をしないという人もいます。

たとえば、少し手間がかかる仕事を頼んだだけで「私はただの派遣だから、そんな業務は無理です。」と断ったり、派遣社員にだけやらせているわけではないのに「派遣だからといってごみ捨て(雑用)させられるなんて。」など、何かにつけて「派遣だから」と言う人です。

正直言って扱いにくく、仕事に対してまで意識が低いと感じてしまいます。

派遣先にしてみれば「ちょっとぐらい協力してくれても良いんじゃないの?柔軟性が無さすぎ。使えない。」という感情になるわけです。

話しかけているのに会話に参加しないから

派遣先企業の中には、派遣社員と正社員の隔たりをできるだけなくそうとする「派遣社員を迎え入れる体制」のところもあります。

派遣先で派遣社員だけが浮かないように、コミュニケーションをしっかりとろうと話しかけてくれたり、会話に参加できるように話を振ってくれる上司もいるでしょう。

しかし派遣社員の中には、話かけているにも関わらず一言で会話を終了させたり、自分からは絶対に話しかけてこないという、コミュニケーションに対して希薄な人がいるのです。

派遣社員に対して冷たい態度をとる派遣先もある中、なんとか馴染ませようと話しかけているのにそんな態度をされたのでは、「こっちがせっかく話しかけているのに、会話に参加しないなんて失礼。使えない。」と思ってしまいますよね。

ミスを指摘しても謝らない、反抗的

派遣の方に限った話ではないですが、仕事でミスを指摘されてもプライドが高く、絶対に謝らない方もいます。

たとえば「取引先からメールがきたらプリントアウトして」と頼まれていたにも関わらずそれを忘れていて、上司から「まだ来てないの?」と言われてはっと気づいてプリントアウトし、何食わぬ顔で「はいどうぞ」と渡す人。上司に「メール来てから大分時間経ってるけど?」と言われても「忙し過ぎて見る余裕がなかったんです。」と言って立ち去り、一切謝ろうとはしないのです。

謙虚でマナーのある派遣社員は派遣先でも好印象ですが、ミスを指摘しても謝らずに反抗的な態度を取られると、派遣先は「仕事もできなければ態度も悪い。使えない。」と思ってしまいます。

仕事を積極的に探そうとしない

派遣社員は原則として、契約書に記載のある業務のみ行えば良いとされています。

もちろんそれが前提で派遣契約を交わしているわけですから、派遣先も契約書にないことを「しなさい」と命じることはできません。

ただ派遣先が「使えない」と思うのは、「それ以外の仕事は一切しない」という強い意識を堂々と表明する派遣社員です。

たとえば派遣の仕事がなくて暇な時に、正社員が忙しくしているのを見ても「我関せず」という顔で何も協力せずにただぼーっとしていたり、パソコンをただ眺めて時間潰しをしている派遣社員を見ると、派遣先は「使えない。」と思います。

派遣先からすれば「手が空いているなら、契約にはない仕事でも手伝って欲しい。何かできる仕事はありませんかという積極的な姿勢が欲しい。」というのが本音です。

仕事の覚えが悪いから

仕事の覚えが悪い派遣社員に対しても、派遣先は「使えない」と思います。

前にも言いましたが、派遣社員は即戦力が求められているので、仕事を全然覚えられないのでは欠員を補充していることにはなりませんし、むしろ教える手間がかかるため「無駄な作業」が増えてしまっていると感じるでしょう。

特に50代以降の派遣社員に対しては、同じことを何度か繰り替えして言わないと覚えられないことが多いので、派遣先はイライラして「このおばさん使えない。」と思ってしまうのです。

使えないと言われる派遣社員にも言い分がある

ここまでは派遣先の立場になって「使えない派遣社員」のことを考えてみました。

派遣先の上司の立場になると「使えないと思う気持ちも分かる」と共感できる部分もあったのではないでしょうか。

しかし、使えないと言われる派遣社員にも言い分はあります。

ここからは派遣社員の立場になって考えてみましょう。

高度なスキルは最初からない(営業担当者のマッチングミス)

派遣先が「使えない」と言おうとも、「そんなスキル最初から持ち合わせていないし…。」というケースもあります。

たとえば経理事務で「基本的なOAスキル必須」とはなっていたけど、実際に入社したら、求められているエクセルのレベルは「基本ではなく高度なものだった」ということもあるでしょう。

この場合、派遣社員が悪いのではなく「派遣会社の営業担当者のマッチングミス」です。

派遣社員から言わせると「そもそも高度なスキルが必要だとは聞いていない。最初から知っていたなら受けていなかった。何で私にこの会社を紹介してきたのか。」と思うのも当然ですよね。

最初に派遣会社に登録する際に「スキルチェック」を実施していたなら尚更でしょう。

そもそも契約にないことをやる必要がない

派遣先が「柔軟性がない。使えない」と言おうとも、「そもそも契約にないことをやる必要がない」と思っている派遣社員は多いです。

派遣先からすれば「手が空いているなら、自ら仕事を探す積極的な姿勢が欲しい。」と思っているかもしれませんが、派遣社員は契約書に記載のある業務のみ行えば良いのですから、そんな必要はありません。

しかも「契約にない仕事を指示された場合は、派遣会社に相談して下さい。」と派遣会社に言われていることもあるので尚更です。

「契約に納得した上で仕事に来てるんだから、契約上にないことを頼まないでほしい」と思ってしまうのも仕方ありません。

責任を負わない仕事だから選んでいる

派遣先に「使えない。」と言われようとも、そもそも派遣社員は「責任を負わなくていい仕事だから選んでいる」という言い分の人もいます。

派遣社員には主婦や子育て中のママも多いことから、「仕事第一ではなく、家庭やプライベートとの両立を図るため」に派遣を選んでいる人が沢山いるのです。

実際に、子育てと両立させるためにあえて派遣社員を選ぶ方は多くいます。

仕事のやりがいを感じることよりも「責任のない、負担のない仕事」をしたかったからです。

ですから、たとえ周りの正社員が日々残業していても「お先に失礼します」と言えるのは、責任のない仕事をしている派遣社員の特権とも言えるわけで、使えないと言われても関係ありませんよね。

年齢的に早く覚えるのには時間がかかる

派遣先にいくら「使えない」と思われていようとも、年齢的に早く覚えるのには時間がかかるのは仕方のないことです。

自分でも「早く覚えたい気持ちは山々」という人は沢山いるでしょう。早く覚えられないために会社に迷惑をかけているのは実感していますし、申し訳ない気持ちだってあります。

しかし覚える努力はしていても、どうしても追いつけないのです。

そこを責められてもどうしようもないですし「それを分かっていて私を採用したのでは?」という気持ちになるでしょう。

そもそもつなぎに過ぎない

派遣先に「やる気がない。使えない。」などと言われても、そもそも派遣はつなぎに過ぎないという人もいます。

実際は違う会社を目指していて、その会社に受かるまでのつなぎとなれば、とりあえず仕事をしながら「どうやって本命の会社に入れるか」を考える方が大事ですよね。

つなぎの仕事に必死になる必要性は感じない人の方が多いでしょう。

派遣先に「使えない」と言われようと、そんなことはどうでもいいのです。

あえて人間関係を構築したくない

派遣先から「せっかく話しかけているのに会話に参加しない。使えない。」と思われていたとしても、あえて人間関係を構築したくないから派遣を選んだという人もいます。

正社員のように、ずっと同じ企業で働き続けるには良好な人間関係が大事です。人間関係が悪いと仕事にも影響してしまって、せっかく大企業に入れたとしても辞めたくなることがあるでしょう。

一方派遣社員の場合は、一生同じ職場にいることはありませんので、無理に周りに溶け込もうと努力する必要がないのです。

そのため派遣先からは「コミュニケーションが薄い人」と言われるかもしれませんが、あえてそうしたいのだから放っておいてほしいですよね。

沢山求めるなら時給を上げてほしい

派遣先から、あれもこれも仕事を頼まれて断ると「使えない。」と言われますが、沢山求めるなら時給を上げてほしいと思うのが派遣社員の本音です。

派遣社員には大きな昇給も賞与もないので、仕事を頼む側の正社員とはそもそも待遇が全然違います。

正社員の年収と派遣社員の年収は、長い目で見るとかなりの差です。

それなのに派遣社員に大量の仕事を任されたり、雑用をさせられたりするなんて、はっきり言ってフェアじゃないですよね。

合わないなら次の仕事を探せばいいだけ

派遣社員が業務についていけなかったりすると「使えない」と言われますが、「合わないなら次の仕事を探せばいいだけ」と考える派遣社員も多いです。

そもそも派遣の仕事は3カ月更新がほとんどで、長くても半年更新なので、「合わなければ契約更新しなければいいだけ」というのが派遣の良いところでもあります。

正社員のように、一生その会社にいるわけでもないですし、同じ仕事を続けなければいけないということもありません。

そのための契約更新なのですから、「使えない」と言われるくらいなら次の仕事を探せばいいだけなのです。派遣社員にも派遣先を選ぶ権利があります。

使えない派遣だった場合の派遣先の対応は?

派遣先と派遣社員側の言い分を見ると、どちらも平行線ですれ違っていることが分かりましたよね。

では、派遣先にとって「使えない派遣」が来た場合、どのように対応するのが一般的なのでしょうか。

すぐにクビになるのか気になる派遣社員も多いでしょう。

ここからは派遣先の対応について説明します。

すぐにクビにはしないことも多いが更新はしてもらえない

派遣社員が使えない人だった場合でも、派遣先はすぐにクビにしないことも多いです。

特に「未経験者歓迎」という条件で募集していた場合は、派遣社員の様子を長い目で見てあげる会社の方が多いでしょう。

派遣社員の最初の更新は3カ月というところがほとんどなので、大抵の派遣先は契約更新期間中の様子を見ます。

そして、求めていたレベルと実際のレベルの差があまりにも大きく、その差が埋まりそうにないと判断した場合は、初回の更新で契約終了となるのが通常です。

その場合、派遣社員には契約期間終了の約1か月前に、派遣会社の営業担当から伝えられるといった形になります。

仕事ができない派遣はすぐクビ?仕事ができる派遣と仕事ができない派遣のそれぞれの特徴やできる人間になる為にやるべきこと
派遣社員として働いたのに「仕事ができない」と落ち込んでいる人もいるでしょう。私も入社当時は仕事が覚えられずに悩んだことがありました。 仕事ができないと「クビになるのではないか」など、色々と不安になりますよね。 ただ派遣社員にも仕...

仕事ができない派遣はすぐクビ?仕事ができる派遣と仕事ができない派遣のそれぞれの特徴やできる人間になる為にやるべきこと

営業担当者にクレーム、派遣社員の交代を要求

派遣先にとって、一刻も早く穴埋めしなければならないポジションの人を要請したのに、派遣されてきた人が全く使えない人だった場合は、派遣会社の営業担当者にクレームを言って、すぐに交代を要求する可能性があります。

「こっちには時間がないんだぞ!」と言う状況ほど、大きなクレームになるでしょう。

この場合、派遣会社はすぐに代理の派遣社員を探して派遣しますが、切られてしまう派遣社員に対しては早急に次の仕事を紹介してあげなくてはいけませんし、契約期間満了までは給料を支払う義務があります。

もし仕事をすぐに紹介できず、その派遣社員を休業させる場合は、労働基準法により給料の60%以上の休業手当を支給しなければなりません。

(参考:厚生労働省「派遣契約の中途解除に伴い派遣労働者を安易に解雇しないでください」)

使えないと言われた場合は早めに派遣先を探した方が良いかも

今回は、使えないと言われる派遣社員について説明しました。

派遣先が感じる「使えない派遣社員」と派遣社員の言い分を簡単にまとめると、以下のようになります。

派遣先の「使えない派遣」 派遣社員の言い分
仕事ができない そんな高度なレベルなら応募していなかった
やる気がない そもそもつなぎであって本命じゃない
仕事に対する意識の低さ そんなに求めるなら時給を上げてほしい
コミュニケーション能力 人間関係を築きたくないから派遣にした
仕事を積極的に探さない そもそも契約上にない仕事はさせないで
仕事の覚えが悪い(特に50代) 50代だと分かっていて採用したのでは?

上記のとおり、派遣先と派遣社員の「期待」にずれが生じていることが分かりますね。

派遣先と派遣社員とでは立場が違うので、ずれが生じるのも無理はありませんが、もし派遣先で「使えない」と言われてしまった場合は、早めに違う派遣先を探してみた方が良いかもしれませんね。

派遣先の期待に応えたいと思って改善したいのなら話は別ですが、「それなら派遣を選んだ意味がない」となるようであれば、無理に派遣先の求めている派遣社員になろうとする必要はありません。

使えないと言われてしまった、もしくは使えないと思われている自覚があるなら、派遣先を変えるのもありでしょう。

派遣社員が知っておきたい再就職手当と就業促進定着手当。条件次第ではもらえないこともあるので要注意。
派遣社員として就職が決まった場合でも、条件が合えば「再就職手当」が貰えることをご存知でしょうか。 しかも、新しい雇用先での待遇によっては「就業促進定着手当」というものまで受給できる人もいます。 私はこれまで「正社員や契約社員とし...

派遣社員が知っておきたい再就職手当と就業促進定着手当。条件次第ではもらえないこともあるので要注意。

派遣の仕事を楽しいと思うために必要なことやおすすめ職種
私は派遣社員として働いていた時に、「仕事楽しい?」と聞かれたら、「楽しいよ。」と答えていました。 理由は、自分にとって都合の良い条件の仕事だったからです。毎日の仕事が苦ではなく、むしろ楽しめていました。 このように、派遣社員は楽...

派遣の仕事を楽しいと思うために必要なことやおすすめ職種

派遣社員ではなく正社員としての転職も検討している方へ

生活スタイルや考え方から派遣社員の方が合っているという方も多くいますが、「実は正社員への転職も検討している」「正社員になりたかったけど今は派遣社員をしている」という方もいらっしゃるでしょう。

ただ、転職活動も闇雲に始めてしまうと労力がかかり結果的にズルズルと時間も経過して疲れていってしまうので、転職活動をするにあたって自分の負荷を取り除いてくれて、かつ、選択肢を多く提示してくれる転職サイトを使えば上手くいく可能性は格段に上がります。

転職サイトはどれに登録すればいい?

正社員への転職を考えている方の多くは転職サイトに登録して活動をしています。

この時どの転職サイトに登録をすればいいのか悩むかもしれませんが、選び方としてはシンプルに掲載求人数の多いサイトとサポートが充実しているサイトを選ぶのがおすすめです。

掲載数が多ければ選択肢も増えるため自分に合っている職場が見つかる可能性が上がるからです。

また、サポート体制もサイトによって異なるので登録をする際はできるだけサポートの手厚いサイトを選ぶようにしましょう。

特にキャリアアドバイザーがついてくれるサイトは自分だけで全て完結する必要がなく、自分に合っている求人内容の提案やスケジュール管理、応募書類の添削などをしてくれるので、短期間で結果を出したい方におすすめです。

正社員、派遣社員どちらが良い?求人サービス比較

リクルートエージェント

ミイダス

テンプスタッフ

アデコ
求人対象
正社員
正社員
派遣社員
派遣社員
求人数※1

315,431件以上

50,000件以上

23,204件以上

4,516件
転職・就職サポート 求人の紹介
書類・面接対策
入社日・給与交渉
スカウト
適正年収診断
書類選考免除

求人の紹介
職場訪問

求人の紹介
職場訪問
内定獲得の難易度 対策が必要 対策が必要
難しくない

難しくない
求人の年収目安 300万円~800万円 300万円~700万円 200万円~500万円 200万円~500万円
求人の福利厚生※2 有給休暇
社会保険
健康診断
家賃補助
家族手当
財形など
有給休暇
社会保険
健康診断
家賃補助
家族手当
財形など

有給休暇
社会保険
健康診断

有給休暇
社会保険
健康診断

※1 2020年1月 ※2 求人による

おすすめの大手転職サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェントは非公開求人数は10万件以上、成功実績は業界1位という人気転職サイトです。

転職をリクルートエージェントの特徴しては求人数が豊富なため、同じ業界や職種であっても選択肢が多く、自分の求めている求人に出会いやすいという特徴があります。

また、リクルートエージェントは業界最大手ということもあり独占求人もあることも強みの一つです。

転職活動をするにあたって求人数の多さは重要な指標となるので、リクルートエージェントを登録をしない理由は特にないありません。

 

リクルートエージェントへの無料登録はこちら(公式サイト)

 

doda

dodaは少しハイキャリア向けの求人が多いイメージがありますが、実際は未経験求人や第二新卒向けなど幅広く取り扱いをしている転職サイトです。

転職実績は業界2位の求人数ということでリクルートエージェントと併せて色々な求人を確認したい人はこちらもおすすめです。

また、dodaは条件の良い非公開求人を多く取り扱いしており、これがdoda最大の強みでもあります。

キャリアアドバイザーが転職希望者に対して個別に求人を紹介したり、面接などのサポートもしてくれるので、自分がどのように転職活動を進めていいかわからないという方でも安心できる体制が整っています。

 

dodaへの無料登録はこちら(公式サイト)

 

ハタラクティブ

ハタラクティブの特徴はフリーターや第二新卒などの若年層を対象とした求人を中心に掲載をしていることです。

そのため、未経験OKなどの求人数も多く、これから新しい業界や職種にチャレンジしたいと考えている人にもマッチした求人が見つかりやすいです。

サポート体制は専任アドバイザーが個別についてくれて、自分に合っている仕事などを一緒に考えて提案をしてくれるため「転職をしたいけどどんな方向性で探せばいいかわからない」と悩んでいる方におすすめです。

 

ハタラクティブへの無料登録はこちら(公式サイト)

 

転職サイトは複数利用すると短期間で決まりやすい

転職活動をする方の多くは2つ~3つの転職サイトを複数登録していることが多く、実際にそのような転職方法はおすすめです。

その理由としては各サイトによって求人内容が異なるので、なるべくその時々で良い条件の求人を確認できるからです。

転職サイトに登録をする自分のプロフィールや経歴内容は一回ベースとなるものを作ってしまえば他のサイトでも利用できますので、複数登録をする手間というのはあまりありません。

また、キャリアアドバイザーからのアドバイスを受けたり、様々なサポートを受けられるので通常の転職サイトのように自分で全てを管理しなくてもキャリアアドバイザー側でスケジュール管理もしてくれるので負担はかなり軽減されます。

上記3つの転職サイトは求人数も多く、質も良いため、どれか1つをベースに求人を検索して、ある程度網羅的に調べたら別の転職サイトでも同じような条件で検索をすると効果的です。