派遣社員が体調不良で休む時の連絡先はどこ? 当日欠勤はクビになるリスクを高めるのか

派遣社員の基礎知識

派遣社員で働いていて、体調不良で出勤ができない、ということは誰にでも起こり得ることでしょう。

では、そのようなときに派遣社員は体調不良を理由に休めるのでしょうか?

このコラムでは、派遣社員が体調不良で休む場合の連絡の仕方や診断書の有無、有給の取得についてなどを詳しく解説していきます。

派遣社員は体調不良を理由に休めるのか

派遣社員は派遣会社に雇われて、派遣先の企業で業務を行います。

派遣先の企業は、派遣の人数を最低限にしている場合が多くあり、一人が休むと迷惑をかけてしまうかもしれません。

しかし、だからといって体調が優れないのに無理に出勤することで更に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

では、実際に派遣社員が体調不良で欠勤することはできるのでしょうか?

派遣社員が当日休むことは可能

派遣社員が体調不良で当日に休むことは可能です。

ただし、当日欠勤をする場合は、必ず雇用元の派遣会社と派遣先の企業にその旨の連絡を入れるようにしましょう。

絶対にしてはいけないのが無断欠勤です。

無断欠勤をしてしまうと想像以上に信頼を失うことがあります。

その後の仕事にも影響は出てしまうので無断欠勤だけはしないようにしましょう。

早退もできる

派遣先の企業で業務を行っている最中に体調不良になってしまうこともあります。

そのような時には、派遣社員でも早退はできます。

体調不良のまま無理して業務を続けても周りの社員の方に病気を移してしまう可能性もあるので絶対に無理はしないようにしましょう。

体の調子がおかしいな、と感じた時点ですぐに現場リーダーの方に報告をし、指示を仰ぐことがとても大切です。

引き継いでから早退をする

業務中に体調が悪くなった場合には、なるべく速やかに早退する必要がありますが、早退後に周りの社員の方が困らないように引継ぎが必要かを確認をすることも大切です。

業務内容によっては引継ぎが必要となることがあるので、緊急を要する場合を除いては、出来る限り引継ぎをしてから早退をする方がよいでしょう。

派遣社員でも体調不良になれば無理せず休もう

多くの企業は派遣社員を最低人数で採用しているため、1人の欠勤が業務に支障をきたしてしまうことがあります。

そのため、体調不良などのやむを得ない事情を除いては欠勤は避けた方がよいでしょう。

ではどのような場合に、休むことができるのでしょうか?

基本的に下記の4つに当てはまれば休んでしまっても問題ありません。

  1. 体調不良
  2. 家族の病気やけがのための付き添い(他に誰もいない)
  3. 家族の危篤や葬式
  4. 自宅の水道やトイレの故障(修理に付き添う必要がある場合)

どれも緊急を要することに当てはまる内容となります。

ただし、家族の付き添いや修理の付き添いなどは、誰か他に代わってくれる人がいる場合はお願いをするようにしましょう。

また、上記の4つ以外の理由で休みたい場合も雇用元の派遣会社に早めに連絡をして、休めるかを相談してみてください。

当日急に休むとき・早退するときはどこに連絡するのか?

派遣社員は雇用元の派遣会社から企業に派遣をされて仕事をしますが、当日に休むとき、早退するときにはどこに連絡をすればよいのでしょうか?

連絡の行き違いで企業に迷惑をかけてしまうことがないように、当日に休む際の連絡の順序と方法、連絡を入れる際のルールを押さえておきましょう。

当日に休む時の連絡の順序と方法

体調不良などで当日に休みたいときは、まず雇用元の派遣会社に連絡をして、その後に派遣先の企業に連絡を入れるようにしてください。

連絡の方法は、メールよりも直接電話をかけた方が早く確実に連絡が取れるのでよいでしょう。

ただし、派遣会社によっては、連絡は派遣先の企業のみで良いケースやメールだけでも良いケースがありますが、確実に連絡を入れて揉めないためにも、基本的には派遣会社で定められた方法で連絡を取るようにしてください。

各派遣会社の欠勤の方針

派遣社員の欠勤の連絡方法は各派遣会社によって異なるため、登録している派遣会社の欠勤に関する規約を必ず確認するようにしましょう。

では、大手派遣会社「テンプスタッフ」「パソナ」「スタッフサービス」の3社の欠勤の連絡方法を紹介します。

テンプスタッフ

Q:体調不良で急にお休みをすることになった場合、担当オフィスへの連絡は必要ですか?

A:はい、必要です。始業時間までに就業先の担当者と派遣会社の担当オフィスの両方に連絡してください。

引用元:テンプスタッフ 欠勤連絡などについて

パソナ

Q:欠勤・有給休暇の連絡について

A:有給休暇は、できる限り前もって申請するように指導しています。また欠勤の際には、お客様とパソナの双方に連絡をするように徹底しています。
派遣社員の長期にわたる休暇などにより、代替となる人員の派遣が必要な場合は、パソナにご連絡ください。

引用元:PASONA 派遣社員の就業中における労務確認

スタッフサービス

Q:遅刻や欠勤の連絡は、派遣先企業とスタッフサービスのどちらにすれば良いでしょうか?

A:派遣先企業とスタッフサービスの両方へご連絡をお願いします。
ご連絡の際は、先に派遣先企業へ連絡してください。それから、スタッフサービスの担当営業までご連絡ください。

引用元:スタッフサービス 遅刻や欠勤の連絡は、どちらにすれば良いでしょうか?

双方には忘れず連絡を行おう

テンプスタッフ・パソナ・スタッフサービスを例に出しましたが、どの派遣会社も「双方に連絡をしてください」ということをお願いしています。

他の派遣会社であっても対応は全く同じだと思われるので、派遣元にだけ連絡をして「多分連絡してくれるだろう」と思わずに、自分でちゃんと連絡をするようにしましょう。

連絡を入れる際の3つのルール

当日欠勤の連絡の行き違いや連絡の仕方によって派遣先の企業との信頼関係にキズがついてしまう場合もあるので、当日に欠勤の連絡を入れる際には以下の3つのルールを守るようにしましょう。

  1. 当日欠勤の連絡は始業前に連絡を入れるのがマナー
  2. まず自分の登録している派遣会社名と名前を伝える
  3. 引き継ぐことがあれば電話またはメールで出来る限り伝える

派遣先の企業とよい信頼関係を築いていくために、当日欠勤の際は、上記の3つのルールを意識して実践するようにしましょう。

特に1は大事で、始業前に連絡を入れないと派遣先の企業にも迷惑がかかり、信頼関係にもキズがついてしまうこともあり得るので注意が必要です。

2の名前を先に伝えることは、派遣先の企業への配慮となります。

企業によっては多数の派遣社員を採用している場合もあるので、派遣会社名と自分の名前を先に名乗ることで相手が把握しやすくなります。

3の引継ぎに関しては、必要に応じて伝達するようにしてください。

派遣社員でも正社員同様の業務を任されることがありますし、前日に業務の残りがある場合もあるので、電話またはメールで引継ぎ内容を出来る限り伝えるようにすると他の社員の方が仕事をしやすくなるでしょう。

早退の時の報告の順序と方法

派遣先の企業で業務中に体調が悪くなってしまった場合の報告の順序と早退の方法も認しておきましょう。

早退の時は、まずは派遣先の企業の上司または責任者に直接伝え、指示を仰ぎます。

その後、早退することが決まったら、雇用元の派遣会社に電話かメールのいずれかで早退の旨を伝える必要があります。

早退の報告に関しては各派遣会社によって方針があるので、雇用元の派遣会社の方針に従うようにしましょう。

派遣社員が急に休む際には診断書が必要? 早退や当日欠勤が多いとクビになるのか?

派遣社員は体調不良で当日に休むことが可能であることを前述で解説しましたが、派遣先企業または派遣会社から診断書を求められることはあるのか、気になる方もいることでしょう。

次は、派遣社員が体調不良で休む際に診断書が必要なのか? 早退や欠勤が多いことでクビになることがあるのか? について解説していきます。

急な体調不良で休む場合に診断書を求められるのか?

突発的な体調不良の際には診断書を求められることは稀です。

1~2日風邪で休む程度ならほとんどの場合は診断書を求められることはありませんが、診断結果を電話で伝えるように求められるケースがあります。

その際には、診断された病名と症状を伝え、何日程度で復帰できるかを伝えておくとよいでしょう。

体調不良での欠勤や早退が多い場合は診断書を求められることがある

基本的には、ほとんど診断書を求められることはありませんが、頻繁に体調不良を理由に早退したり休んだりしている場合は、診断書の提出を求められるケースがあるので、ウソは絶対にNGです。

そのため、どうしても休まなければならない理由がある場合は、必ず派遣会社に早めに相談をするようにしましょう。

早退や当日欠勤が多い場合はクビになることもある

体調不良になることは誰にでもあるので、数回の欠勤は認められるでしょう。

しかし、派遣社員は即戦力であり、派遣先では正社員同様の仕事をするため、あまりにも欠勤・早退が多いと、勤務態度が悪いとみなされて、最悪の場合はクビになってしまうこともあるので注意が必要です。

また、無断欠勤などは言うまでもなくクビになるほか、次の仕事も派遣会社から紹介してもらえない可能性があるので、日ごろから勤務管理、体調管理はしっかりと行うようにしましょう。

派遣が早退や当日欠勤をした場合、有給は使えるのか?

正社員で働いていると、体調不良で休んだ際には有給休暇で消化できるケースが多くあります。

では、派遣社員は有給休暇を使うことができるのでしょうか?

派遣社員でも有給休暇は使えるのか?

派遣社員でも労働基準法で定められた条件をクリアすれば、有給休暇の取得ができます。

労働基準法 第39条

使用者は、その雇入れの日から起算して6か月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、または分割した10労働費の有給休暇を与えなければならない

労働基準法 第39条

以下の条件を満たしている派遣社員の方は有給休暇を取得することができます。

  • 6か月以上同じ派遣会社から就業していること
  • 全労働日の8割以上勤務していること

また、体調不良で欠勤した際にも上記の条件を満たしていれば有給休暇で消化できますが、有給休暇の乱用などで他の社員の方に迷惑をかけるようなことは禁物です。

有給休暇の日数

勤続年数 6か月 1年6か月 2年6か月 3年6か月 4年6か月 5年6か月 6年6か月
日数 10日 11日 12日 14日 16日 18日 20日

参考:厚生労働省「年5日の年次有給休暇の確実な取得 わかりやすい解説」

勤続年数と全労働日の8割以上の出勤をクリアすると上記の表のように有給休暇の付与日数が増えていきます。

派遣社員の場合は、同じ派遣会社から就業した日数が勤続年数となるので、なるべく多くの有給休暇を取得したい方は、同じ派遣会社になるべく長く在籍するとよいでしょう。

体調不良などで欠勤・早退が多いと有給休暇が取得できないこともある

体調不良や何らかの理由で欠勤が続き、6か月間の全労働日の8割以上の勤務が満たされなかった場合は、有給休暇を取得することができないので注意が必要です。

派遣社員の有給休暇の申請

派遣社員が有給休暇を取得したい場合は、雇用元の派遣会社に申請を行います。

状況によっては、派遣会社に申請する前に派遣先の企業に有給休暇を取得の相談を行い日程の調整をしてから派遣会社に申請をする場合もあります。

もし、有給休暇を取得に関してわからないことがある場合は、派遣先ではなく雇用元の派遣会社に相談をするようにしましょう。

派遣社員でも正社員と同じように休める

派遣社員が体調不良になった時に、当日欠勤や早退は可能です。しかし、勝手に帰るのではなく、派遣会社と派遣先にしっかりと連絡をして話を通すことが大切です。

また、よほどのことがない限り診断書の提出は求められませんが、ウソをついて体調不良による欠勤や早退を繰り返すと、診断書の提出を求められることがあるので、ウソをつくことはやめましょう。

派遣社員は有給休暇の取得もできますが、手続きが必要となるので、体調不良の欠勤時に使うのではなく、計画的に有給休暇を消化するのが理想的といえます。

なるべくなら普段から健康管理に気を付けて皆勤を目指す方が派遣先・派遣会社からも喜ばれるでしょう。