派遣先から理不尽な扱いを受けた派遣社員が取るべき対策5つ

未分類

派遣先で理不尽な扱いを受けたけど誰にも言えない、と一人で嫌な気持ちを抱えていませんか?

「派遣先の上司から高圧的な態度をとられた」「業務外の雑務までやらされた」など、派遣先で理不尽な扱いを受けたことがある派遣社員の方は以外と多くいます。

また、何も対策を取らずに契約期間が終わるまで何とか我慢して乗り越えているケースも多いので、ほとんどのケースが明るみに出ることがありませんが、派遣先からあまりにも理不尽な扱いを受けた場合には、やはり何か対策を取る必要があります。

このコラムでは、派遣社員が受ける理不尽な扱いの事例を紹介しながら、どのような対策をとるべきかについて詳しく解説していきます。

派遣先で理不尽な扱いを受ける派遣社員は意外と多い

派遣先の社員や上司からひどい扱いを受けた経験がある派遣社員は意外と多くいますが、なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

まずは、派遣先で派遣社員が理不尽な扱いを受けてしまう要因について解説していきます。

派遣先で派遣社員が理不尽な扱いを受ける要因となっていること

社員の方が偉いという価値観がある

派遣先の企業の社員の中には派遣社員に対して「雑用係」「企業に就職ができなかった人」などの思い込みを持っている人がいます。

また、そのような上から目線で派遣社員をみている人は、社員の方が偉いという価値観を持っている傾向にあるため、派遣社員を見下すような態度をとる場合があります。

派遣社員には雑用をやってもらえばよいと思っている

派遣社員を受け入れている企業では、社内で手が回らない業務を派遣社員に手伝ってもらっているケースがほとんどですが、派遣社員には雑用だけをやってもらえればよいと思っている企業は派遣社員に雑な指導や高圧的な態度をとることがあります。

毎回派遣社員に業務を教えるのが面倒

派遣社員は契約期間が満了すると、更新がされない限りまた違う企業に派遣されます。そのため、派遣先の社員が派遣社員に毎回業務を教えるのが面倒になり、はじめて派遣されてきた派遣社員に業務をしっかりと教えないことがあります。

派遣社員はよそ者と思っている

派遣社員は派遣会社に雇用されていることから、派遣先は派遣社員を自社の正社員と同じ仲間とみなす職場は少なく、派遣社員はよそ者として見られてしまいがちです。

また、派遣先にそのような風潮があると、指導する立場の上司からあからさまによそ者扱いをされることもあります。

派遣社員はすぐやめると思っている

派遣社員は契約期間が満了して更新をしなければ派遣先での就業は終了します。

これは派遣社員の契約上よくあることですが、派遣先からは「すぐやめるかもしれない人材」として見られているケースがあり、無意識のうちに自社社員と派遣社員に差をつけられてしまい、派遣社員が疎外感を感じてしまうことがあります。

派遣先から受ける理不尽な扱いの事例5つ

派遣先で理不尽な扱いを受けながらも、誰にも言わずに我慢している方もいるのではないでしょうか。

ここでは、派遣社員の方が派遣先でどのような理不尽な扱いを受けているのか、いくつかの事例を紹介していきます。

1. 社内情報の共有をしてもらえない

派遣社員だからという理由で社内の業務上の情報を共有してもらえず、仕事に支障をきたしてしまうケースがあります。

あえて嫌がらせをしようとしているわけでない場合もありますが、派遣社員はよその人という価値観が根底にあるとこのような事が起こりやすくなるので、派遣社員は日ごとに疎外感を感じるようになってしまいます。

2. 契約外の業務を押し付けられる

派遣先の社員から契約外の業務を押し付けられ、断ろうとすると叱責されるため、事実上拒否ができないという状況にある派遣社員は意外と多くいます。

また、教えてもらっていない仕事をやらされてできないと叱責されるという理不尽な扱いをされるケースもあります。

3. 正社員から見下される

正社員から理由もなく見下されたり、仕事ができない人材として扱われることがあり「こんなこともできないのか」「変わりはいくらでもいる」など罵声を浴びせられることも少なくありません。

4. 有給を取らせてもらえない

派遣先の企業が派遣社員を受け入れている理由が「人手不足」である場合、派遣社員が正社員の業務のサポートをする場合があります。

そのようなケースで起こり得ることが、正社員の負担を減らすために派遣社員の業務の負荷が大きくなり、有給休暇がとれない状況になってしまうことです。

派遣先で派遣社員は弱い立場になりやすいため、このような状況になっても意見を言えずにそのまま我慢してしまうこともあります。

5. 高圧的な態度であおられる

職種によっては、スピードや正確性が求められます。

例えば、製造業やライン作業などは早く正確に数をこなすことが求められることが多く、職場によっては高圧的な態度と言葉で派遣社員をあおることがあります。

それは危険が伴う仕事であるからこその態度であることもありますが、度を越えた罵倒や高圧的な態度は派遣社員に対する理不尽な言動といえます。

理不尽な扱いを受けた時の対策5つ

派遣社員は、派遣会社と雇用契約を結び派遣先の企業で就業するため、派遣先の社員とは扱いが異なることは仕方がないことですが、あまりにも理不尽な扱いを受ける場合はきちんと対策をとらないといけません。

では、どのような対策を取ることができるのか、理不尽な扱いを受けた時の5つの対策法について解説していきます。

1. 契約満了まで我慢

理不尽な扱いを受けた時に、契約期間満了まであと少しの場合は、契約期間が終わるまで何を言われようと淡々と契約範囲の仕事をこなすことが良いでしょう。

派遣社員は派遣先の社員に気を使うことも必要ですが、あくまでも契約範囲での仕事を間違いなく遂行することが一番重要です。

そのため、何を言われても外部から派遣された人材として淡々と契約内容にブレない仕事をすることで、相手が文句を言うスキがなくなります。

2. 派遣会社の営業担当に相談

度が過ぎる理不尽な扱いが多く、ある程度我慢していても改善されないときは、雇用元の派遣会社の営業担当に相談することが大切です。

派遣社員と派遣先との間に起こるトラブルに対応することも派遣会社の一つの役割のため、遠慮せずに相談して対処してもらいましょう。

また、派遣会社としては派遣社員に少しでも長く1つの職場で働いてほしいため、何らかの提案をしてくれる可能性があります。

ある意味、派遣社員には派遣会社という強い味方がいると考えておくとよいでしょう。

3. 職場の同僚や派遣仲間に相談する

仕事上の悩みは一人で抱え込まずに職場の同僚や派遣仲間など信頼できる人に相談することがおすすめです。

愚痴を聞いてくれる、励ましてくれる、共感してもらえるなど、仲間同士で支え合えると理不尽なことがあっても乗り越えられることがあります。

また、話すだけでも気が楽になることもあるので、話しても大丈夫だと思える人に相談をしてみましょう。

4. プライベートを充実させてストレス発散する

派遣社員は契約した時間のみ働けばよいため、プライベートの時間を充実させることができます。

そのため、理不尽な扱いを受けて嫌な気持ちを蓄積させないように、プライベートの時間で好きな事や趣味に没頭したり、運動するなどしてストレスを発散させることもおすすめです。

5. 次の契約更新をしない

派遣の契約は3か月前後で契約更新をすることがほとんどのため、度が過ぎる理不尽な対応がある場合は、契約更新をしない選択もありでしょう。

無理に契約更新をさせられることを恐れてしまう派遣社員の方もいますが、実際は契約更新は派遣社員と派遣先との合意があってはじめて更新となるので、相手から無理に更新をさせられることはありません。

また、我慢が出来ない場合は契約期間中に退職する方法もありますが、それは社会人としてはマナー違反となるので、まずはあらゆる対策をとってみるようにしましょう。

派遣会社が非協力的な場合は派遣会社を変更するのもあり

派遣先で理不尽な扱いを受けて派遣会社の営業担当に相談したけれど軽く流された、など派遣会社が非協力的な場合があります。

そのような時は残念な気持ちになると思いますが、さらなる対策を考えることが大切です。

次は、派遣会社が非協力的であった時の対処法についてみていきましょう。

派遣会社が非協力的な場合の対処法

派遣会社の営業担当が、派遣社員の悩みに対して無関心で非協力的であった場合は、担当を変えてもらうか、派遣会社そのものを変えてしまう選択肢もあります。

派遣社員にとって派遣会社は強い味方でなければなりませんが、派遣会社が全く取り合ってくれない場合は、派遣先での派遣社員に対する理不尽な扱いはエスカレートしやすくなるため、自分を守るためにも契約期間満了と同時に派遣会社との契約を解消する方がよいでしょう。

複数の派遣会社に登録はOK

派遣社員の方の中には、派遣会社は複数登録できない、と思って我慢して一つの派遣会社にとどまっている方がいます。

しかし、実際は複数の派遣会社に登録をすること自体は問題ありません。

むしろ、あえて複数の派遣会社に登録しておいた方が、派遣会社と相性が合わなかった時に違う派遣会社で仕事をもらうことができるのでよい場合もあります。

また、長年派遣社員として働いている方の多くは、複数の派遣会社に登録して仕事をつないでいるため、現状で派遣会社との関係が良くない方は他の派遣会社に登録することも考えてみてください。

派遣会社には派遣社員の待遇の確保の義務がある

ここまで、派遣社員が派遣先の企業で理不尽な扱いを受けた事例や対策法について解説してきましたが、厚生労働省では、派遣社員の待遇の確保の義務は派遣会社にあると定めているため、派遣社員が理不尽な扱いを受けている現状の責任は本来は派遣会社にあることになります。

そのため、派遣社員にとって一番重要となるのが「派遣会社選び」であるといえるでしょう。

最近は地域密着型の派遣会社から大手派遣会社まで数多くの派遣会社が存在しているので、情報をよく収集しながら自分に合った派遣会社を見つけてみてください。

引用:厚生労働省「派遣社員を受け入れるときの主なポイント

まとめ

派遣先で理不尽な扱いを受ける派遣社員が絶えないのは「派遣社員」という立場に対する偏見が潜んでいるからでしょう。

最近は、派遣社員でも即戦力として活躍できるようになってきていますが、やはりまだ派遣社員は雑用をする人、というイメージを持っている人は多くいます。

そのため、派遣社員は派遣先から理不尽な扱いを受けて心身が病んでしまう前に、自分の身をしっかりと守るための対策をとることが大切です。

また、自分で対策をとることも重要ですが、派遣社員の一番の味方は雇用契約を結んでいる派遣会社であるので、一人ではどうしようもないことは営業担当者に相談をして対処してもらいましょう。

なお、派遣会社によっては非協力的な場合もあるので、そのような時は、他の派遣会社に移ることも考えてみてください。