派遣の職歴が多い人や職歴が少ない人、職歴なしの人の履歴書の書き方

派遣社員の基礎知識

転職する際に必要な書類として「履歴書と職務経歴書」がありますが、派遣社員の職歴を書く時は、どうやって書けば良いのか困る人は多いでしょう。

特に派遣先が一つではなく複数の就業経験があったりすると「書き切れないかも…」と焦りますよね。

一方、転職経験が少なかったり職歴がないという人も書き方に困ることがあるのではないでしょうか。

本記事では、派遣の職歴が多い人や職歴がない人、少ない人の履歴書の書き方を詳しく説明し、職歴が多いと転職に不利なのかという疑問についても考えていきます。

派遣だった頃を履歴書に書く時の職歴の書き方

派遣社員として働いていた時のことを履歴書の職歴欄に書く場合、どのように書けば良いのでしょうか。

絶対に書かなくてはいけないのは、以下の4つの情報です。

  1. 派遣会社名
  2. 派遣先会社名
  3. 業務内容
  4. 派遣期間

では、具体的な書き方を以下で見ていきましょう。

ここからは、転職サイトの情報を元にしています。(参考:DODA「派遣社員で働いた期間の職歴の正しい書き方」

派遣先が一つしか経験がない時の履歴書の書き方

最初に、派遣先が一つしか経験がない時の書き方例を見てみましょう。

上記書き方のポイントは、「派遣会社の登録」から始まって「派遣先で何の業務を担当したか」を書くことです。

また退職時については「期間満了につき」という一言がないと、自己都合かと思われてしまいます。

同じ派遣会社で2つ以上の派遣先を経験した場合の書き方

次に、同じ派遣先で2つ以上の派遣先で働いていた場合の書き方です。

上記のように「派遣期間満了につき退職」という文言は、一番最後に経験した派遣先の期間に対して使い、それ以前に関しては、「(○年○月まで)」と書いておくと分かりやすいでしょう。

複数の派遣会社、複数の派遣先を経験している場合の書き方

複数の派遣会社を利用し、派遣先もいくつか経験している場合は、派遣会社ごとにまとめましょう。

上記のように書くと分かりやすいですよね。

できるだけ行を短縮しようと一行に詰めて書いてしまうと、読み手が理解しにくい履歴書になってしまうことがあります。

また、字を小さくすると印刷した時に字が潰れてしまうことも考えられるので、読みやすさを意識しましょう。

正社員だった職歴があればそれを優先することが大事

派遣社員としての職歴を分かりやすく書くことが大事だと言いましたが、正社員として勤務していた経験がある場合は話は別です。

採用する企業側は、正社員としての職歴を重視することが多いため、その場合は派遣社員としての職歴で沢山の行を取ってしまうのではなく、正社員としての職歴に十分なスペースを取りましょう。

ただ、派遣社員であった職歴を全て省くことは絶対にしてはいけません。

職歴が多い人、少ない人、職歴なしの人の履歴書の書き方

転職を沢山している人はどうしても職歴が多くなってしまい、作成するのに苦労しますよね。

逆に、転職経験が1回しかない、もしくは初めてという人は職歴がたった2行で終わってしまい「簡素過ぎて大丈夫だろうか」と思うかもしれません。

ここからは、職歴が多い人や少ない人の履歴書の書き方について紹介します。

職歴が多い人の履歴書の書き方

職歴が多い人は、どうやって行を有効活用すれば良いのでしょうか。

いくつかの方法がありますので、具体的に見ていきましょう。

学歴は最終学歴のみを記入するのもあり

もしも行に余裕がなければ、高校や専門学校を省いて最終学歴のみを記入するのもありです。

代わりに職務経歴書に記載する

職歴が履歴書に書き切れない場合は、職務経歴書に記載しても良いでしょう。

ただし、その際は「詳細は職務経歴書参照」と書いておくことを忘れないようにしてください。

退職月に一行を使わない

見栄えはあまり良くありませんが、入社月と退職月を一行に詰めて書き、退職月に一行を使わないのも場合によっては仕方ないでしょう。

ただ、字はどうしても小さくなってしまいますね。

短期のアルバイトは省く

職歴にもならないような短期のアルバイトは省きましょう。

ただ、派遣の顔合わせ、もしくは面接の際に職歴のブランク期間について質問されることは多いです。

その際は「短い期間のアルバイトについては除いています」と言ってしまうのもありでしょう。

ただ、直前にしたアルバイトで社会保険に加入していたのであれば、その後の雇用保険の手続きでばれてしまうので、職歴に書いておく方が無難かもしれません。

職歴が少ない人の履歴書の書き方

次に、職歴が少ない人の場合です。

これまでの職歴が少なく、がらんとしすぎている場合は会社の部署名や業務内容、異動や昇格などを盛り込んでみると印象が変わります

上記のように、自分の経歴を分かりやすく伝え、見栄えを良くすることが大事ですね。

職歴なし、アルバイトだけの人の履歴書の書き方

職歴がない人は、正直に職歴なしと書くか、もしくは学歴のみで終わるのもありです。

上記のように、なしと記入した次の行には「以上」と書きましょう。

ただ、アルバイト経験がある場合は、アルバイト入社だったことを記入すると、自分が働いていたことをイメージしてもらいやすくなります。

上記のように、アルバイト先での業務内容も入れておくと伝わりやすいでしょう。

職歴を省略するのは経歴詐称になる?

「長々と職歴を書くのは疲れるから省略しよう」と言って、安易に職歴を省略するのは「経歴詐称」になるので厳禁です。

経歴詐称とは事実と違った偽の経歴のことを指します。

では、経歴詐称にはどのようなものがあるのでしょうか。

例えば、学歴や会社での在籍期間、これまで転職した回数や業務内容、雇用形態、資格を偽ることは全て経歴詐称に該当します。

もしも勤務中に経歴詐称が発覚した場合は、経歴詐称を理由に解雇されることもあり、場合によっては損害賠償を請求されることも考えられます。

意外と社会保険の手続き等で、詐称が発覚することがあるので注意しましょう。

職歴が多いのは不利?

職歴が多いのが不利になると聞いたことはあるでしょうか。

私も職歴が多い方なので、履歴書や職務経歴書を見てもらうたびに「きっと印象が悪いだろうな」と心配になります。

企業側が職歴が多い人に対して思うことは主に3つです。

  • うちの会社に来てもすぐに辞めるのではないか
  • 仕事が続かないのはこの人自身に何か問題があるのではないか
  • キャリアプランをきちんと立てられる人なのか

転職回数が多いと、上記のように懸念されることが多くなってしまいます。

また、転職サイトの調査によると、企業が転職回数を気にするのは「3回目から」と答えた会社が4割、次いで「4回」です。(参考:リクナビNEXT「年代別転職回数」

ですから、不利か有利かと言われれば不利でしょうね。

職歴はシンプルにまとめることが大事

今回は派遣の職歴について、色んなパターンの履歴書の書き方を説明しました。自分の職歴に合った書き方は見つかったでしょうか。

書くべきことが多いので、どれを優先して書くべきかつい悩んでしまいますが、読み手の立場に立ってシンプルに、分かりやすくまとめることが大事です。

職歴が多い人や少ない人、あるいは職歴がない人でも、一度履歴書の書き方をマスターすれば、転職の際には内容を少し変えるだけで何度でも使い回せるので便利ですよね。

読み手にとって分かりやすい履歴書であれば、職歴に関して難しい質問をされずに済むこともありますので、これまでの職歴の書き方を見直してみると良いでしょう。