契約社員の年収は平均でどれくらい?ボーナスを貰える会社もあるの?

契約社員

契約社員として働く時に平均年収を気にしたことはありますか。

私は実際に契約社員として働いていましたが、ボーナスありの会社もあれば、なしの会社もありました。

もちろんボーナスがある会社では貯金ができましたが、ボーナスなしの会社では貯金はほとんどできず、早く貯金をしたいという思いから社員になる前に辞めてしまった経験があります。

本記事では契約社員の平均月収、平均年収、ボーナスの平均額などについてデータを元に見ていきます。

そもそも契約社員の給料はどのように決まるのかを知り、今より年収を上げるためにはどうすれば良いか、今後の会社選びなどの参考にして下さいね。

契約社員の平均月収・平均年収

厚生労働省の平成30年度賃金構造基本統計調査によると、契約社員だけの平均年収は載っていなく「パート、アルバイト、派遣社員」などの雇用形態も含めた「正社員・正職員以外」としての平均年収は209.4万円です。つまり月収に直すと月17.5万円ということになります。

ただ、パートやアルバイトの時給は低いことも多く、契約社員だけで考えるのは難しいところですよね。

一方、女性求人サイトでは契約社員の平均年収は275.5万円となっていて、平均月収では20.9万円となっています。(参考:とらばーゆ

また、このサイトによる年収の内訳は以下のグラフのとおりです。

 

グラフを見ると、平均年収である200万円から300万円未満は全体の約半数を占めていて、次いで年収300万円から400万円未満の人が多いのが分かりますね。例えば年収400万円の人の月収は約33万円になります。

しかも、年収500万円未満の人も中にはいるので「意外と結構貰っている人が多い」という印象はありませんか。

この差は単に職種の違いだけではありません。ボーナスがあるかどうかも年収に大きく響いているのです。

契約社員の平均ボーナス

ここで、そもそものボーナスの定義も確認してから、契約社員のボーナスについて見ていきましょう。

そもそもボーナスとは

ボーナスとは、定期給与とは別途支払われる給与などのことを指します。

国税庁にはボーナスとほぼ同義で使われる賞与の定義を以下のように示しています。

定期の給与とは別に支払われる給与等で、賞与、ボーナス、夏期手当、年末手当、期末手当等の名目で支給されるものその他これらに類するものをいいます。

参考:国税庁 賞与に対する源泉徴収

ボーナスの支払い時期や支払い回数に特段の規定はありませんが、一般的には、夏と冬に年1~2回支給する企業が多いです。

※ボーナスは法律上で支払いは義務付けられているわけではありません。ただ、当初の労働契約、就業規則や労使協定などに定めがある場合は賞与を支給しなければならない義務が生じます。

契約社員の平均ボーナス

データによると、契約社員の平均ボーナスは17.8万円です。

しかしグラフで見ると、10万円未満と答えた人が全体の6割を占めていますね。

また、ボーナスが10万円以上30万円未満という人と、30万円以上100万円未満の人の割合は同じです。

例えば平均月収が30万円で、ボーナスが年2回あり、1か月分ずつ出る会社では年収は420万円になりますし、2か月分ずつ出る会社では単純に60万円プラスになって年収は480万円になりますよね。

年収480万円ということは、全くボーナスの出ない月収30万円の契約社員に比べると年収では120万円もの差があるのです。

ちなみに、今の年収で満足しているかというアンケートには、全体の6割の人が「満足していない」という回答でした。

契約社員の給与形態

ここで契約社員の給与形態を見ていきましょう。

契約社員は基本的には月給制をとっている会社が多い印象ですが、中には時給制の会社もあります。

契約社員は派遣社員と似ているイメージがあるかもしれませんが、派遣社員には賞与、つまりボーナスがありません。しかし、契約社員には会社によってボーナスがあるのです。

私の友人も契約社員ですが、正社員と同じ割合の賞与が月に2回支給されています。ただ、彼女は時給制なので基本給が月によって少なくなる分、ボーナスが正社員に比べて少ないようです。

また、派遣社員には交通費の支給がありませんが、契約社員には交通費の支給があります。中には住宅手当まで支給される場合もあのです。

次に残業についてですが、契約社員の場合は正社員ほど多くはないにしても、残業が多い会社も中にはあるでしょう。

残業代に関しては、時給制の場合は残業代もしっかりと支給されることが多いですが、中には契約社員も正社員と同じようにサービス残業という会社もあるようですね。

契約社員の給料はスキルや経験で決まることが多い

契約社員の場合、給料はその人のスキルや経験で決まることが多いです。

中には派遣社員でずっと働いてきた人が、派遣社員から契約社員に雇用形態が切り替えになる場合もあります。

その際も、これまでのスキルや経験を重視されて給料が決まるのです。

まずは契約する段階で会社から給料を提示されるでしょう。その際の給料は、だいたいスキルや経験を考慮されていることが多いです。

しかし、求人で以下のような記載を見たことはないでしょうか。

※経験・年齢・能力を考慮のうえ、当社給与規定により優遇します。

上記のような文言がある場合、求人に書かれた給料よりも実際に貰う給料は交渉次第で上がる可能性があると言えます。

面接時に詳しく自分のこれまでの経験やスキルをアピールすることが大事ですね。

契約社員と正社員の年収の比較

厚生労働省のデータによる、正社員・正職員の年収を見てみましょう。

(参考:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」、国税庁:「平成30年分民間給与実態統計調査結果について」)

年齢 正社員年収
(月収+年間賞与)
~19歳 2,557,700円
20~24 3,302,500円
25~29 4,123,000円
30~34 4,773,100円
35~39 5,267,800円
40~44 5,710,100円
45~49 6,215,700円
50~54 6,627,600円
55~59 6,534,500円
60~64 4,806,200円
65~69 4,044,900円

上記表のように、正社員の場合は年収に大きな賞与や昇給が加わるため、年収は年々上がっていきます。

一方で契約社員の場合、年収が200万円~400万円の人が全体の7割を占めているので、正社員に比べて年収が低いことが分かりますね。

正社員の平均月収は約32万円ですが、契約社員の平均月収は約20万円でした。

平均月収ですでに10万円もの差がありますから、ボーナスや昇給がなくても年収に120万円は差があることになりますね。

契約社員が年収を上げる方法

年収は上がるに越したことがないですよね。いつまでも同じ給料で自分の仕事の幅だけが広がるなんて何だか納得いかないでしょう。

では、契約社員が年収を上げる方法にはどのような方法があるでしょうか。以下で何個か見ていきましょう。

会社に交渉する

一番良いのは、会社から給料アップの話を持ち出してもらえることですが、企業からは中々給料アップの提案をしてくれないことが多いでしょう。

そうなると、交渉してみないことには始まりません。

タイミングとして次の更新のタイミングが一番良いですが、交渉したところで断られるケースもあるので覚悟が必要です。

その会社の正社員になる

その会社の正社員になれたら年収はアップするでしょう。

ただし、ボーナスがしっかりとあり、昇給制度も整っている会社でなければ「今と大して変わらない」ということもあり得るので注意が必要です。

もし今の会社の正社員になれたら、今は微々たる賞与や昇給かもしれないですが、それが年々大きい額になったり、長く働いていくうちに昇格して役職手当が付くこともありますので年収アップできますね

スキルアップする

契約社員はスキルと経験で給料が決まることが多いので、スキルアップをした分だけ給料に繋がりやすいでしょう。

仕事を積極的にもらいに行って幅を広げたり、業務に関わる資格を取ったりすれば自信を持って給料アップの交渉もできますね。

また、資格ではありませんがコミュニケーション能力を磨くというのも、会社で働く上で重要なスキルです。

コミュニケーションが苦手という人はぜひ積極的に勉強すると良いでしょう。

残業代が多いところを選ぶ

中には残業が非常に多い会社もありますので、いっそのこと残業代で稼ぐということもできます。

サービス残業であれば無意味ですが、残業代がしっかりと出る会社であれば月の給料に数万円プラスするということも可能でしょう。

高年収の会社で働く人でも、中には残業代が給料の4割を占めているということも少なくありません。

条件の良い会社に転職する

どれだけ頑張っても努力が報われないという人は、良い条件の会社に転職するのも良いでしょう。

自分のスキルが高ければ高いほど、好条件の会社に合格する可能性は高くなります。

もしかすると今の職場で認められなかったスキルが、他の会社では優遇されることもあるかもしれません。

年収を上げたい場合は転職をするのが一番確実で早い

派遣社員の方が年収を上げたい場合は転職をしてしまうのが一番確実で早い方法といえます。

理由は派遣社員のまま同じ会社でボーナスが支給されるようになったり、時給が高くなる可能性はかなり低く、確実ではないからです。

元々ボーナスがなかった会社が急にボーナスを支給するというのはなかなかありませんし、派遣社員の場合は会社側もコスト削減という面で採用している要素がある場合が多いので、実際に基本給(時給)が上がる上がる可能性は高くないというのが現状です。

そのうえ、もし上がったとしてもそれにはかなりの時間がかかることが多く、そこまで高くはならない可能性が高いのです。

そのため、確実に年収を上げたい場合には今の自分のスキルが活かせる会社へ転職してしまうのがおすすめといえます。

契約社員になる際にチェックすべきポイント

契約社員として働きだすと、一度の契約期間が長く、半年~1年更新というところも多いです。

ですから「違う会社にすれば良かった」と思っても、更新までの期間が長いので中々すぐに辞められません。

転職する際にチェックしておくべきポイントを間違ってしまうと、結局また好条件を求めて転職しなくてはいけなくなってしまいます。

ここからは契約社員になる際にチェックすべきポイントを挙げていきましょう。

正社員登用制度ありか

正社員登用制度がある会社かどうかを見ることも大事です。

正社員登用制度がありと記載がなければ、会社に正社員にさせる気はないものと思っていた方が良いでしょう

また、大手企業よりは中小企業の方が正社員になれる可能性は高くなります。何故なら大手企業に比べて応募するライバルの数も少ないですし、上司や先輩との距離も近い会社が多いので、自分の仕事に対する姿勢をよく知っている分、自分が正社員になることをイメージしてもらいやすいからです。

賞与や昇給制度はあるか

賞与や昇給制度はあるか確認することも大事です。

契約社員でも賞与や昇給がある会社も少なくないですから、せっかくならボーナスがあり昇給制度も整っている会社で働きたいですよね。

残業代がしっかりと出るか

残業は多いかどうかも大事ですが、残業した分のお金はしっかりと出ているかにも注目しましょう。

特に「固定残業制」と書かれていたら要注意です。

中には実際の残業代よりも少ない可能性があり、多く払ってもらえないというブラックな会社もあります。

もしも口コミでブラックだと批判されていたら止めた方が良いかもしれません。

交通費は出るか

交通費が出る会社がほとんどですが、中には出ない会社もあります。

勤務地が自宅から近距離であれば問題ないでしょうが、定期代が何万円もするという場合は生活費に響きますから、よく求人を見ることが大事ですね。

福利厚生の内容

福利厚生は充実しているかも大事です。

特に住宅手当がある会社であれば生活費は大分安くなりますよね。

また、誰にでも取得できる権利である「有給制度」や「産休・育休制度」に関しては、きちんと利用できるのかが重要なところです。

その会社の求人に「有給消化率100%」などと書かれている場合は、取りやすい会社ということをアピールしていますから、信用して良いかもしれません。

契約社員に転職する時はどんな会社かを最初に見極め、平均年収と比較してみよう

契約社員として勤務する前に、どんな会社でどんな制度があるのかをしっかりと見極めることが大事です。

また、その会社で働く給料が平均年収を上回るか、下回るかも考えてみましょう。

もし平均年収より下回っている場合は、その先に「どうしてもその会社の正社員になりたい」という気持ちがあるのであれば話は別ですが、そうでないなら本当にその会社の契約社員で良いのかをもう一度考え直すことも大事です。

平均年収を意識することは「本当にこの会社で良いのか」を決める大きな道しるべになることでしょう。