20代後半の派遣、将来後悔したくないなら正社員になるべき? 正社員に転向すべき人の特徴とは

正社員

20代後半で派遣をしているとこのまま派遣を続けていてもいいのか? と言う悩みを抱えることがあります。

また、違う会社の社員になろうとしてもなかなか採用にならないなど、20代後半は身動きが取りにくくなる時期でもあるでしょう。

人によっては派遣社員から正社員になった方が良いタイプと派遣社員として働き続けた方が合っているタイプがおり、正社員を目指すにしろどちらが自分に向いているのか? しっかりと見極めなければなりません。

そこで、「正社員に向いている方」・「派遣に向いている方」それぞれの特徴を見て行き、自分には転向するのが向いているのかを見極め、20代後半の転向についてを詳しく解説して行きます。

正社員に転向するメリットやデメリットなどは知っておいた方が転向に役立ちますし、反対に派遣社員のメリット・デメリットもチェックしておくと転向すべきか否かの判断材料にもなるでしょう。

「今こそ正社員に! 」と焦る前に、まずは自分の見極めから始め、必要であれば正社員を目指すのが上手な転向と言えます。

派遣社員のメリット・デメリット

現在は派遣社員として働いていると考えられますが、派遣で働いていたとしても派遣社員のメリット・デメリットについて詳しく把握している方は少ないでしょう。

派遣社員のメリット・デメリットを知れば、今後、正社員転向するにしろ派遣社員について詳しく知識をつけておくことで、納得して転向することができます。

派遣社員のメリット
時給 派遣を続けると派遣会社から信頼されます。

時給が多少UPすることが考えられるでしょう。

副業 派遣であれば副業をしても良いのです。

もう少し稼ぎたいと考えた時にも、簡単に副業や他のアルバイトを開始できます。

休み シフト 正社員とは違いシフトに融通がききます。

束縛感がなく比較的自由に休みが取れるでしょう。

派遣社員のメリットとしては正社員と比べて働き方に自由度がありつつも、アルバイトと比べて時給が高いため収入が安定しやすいというところがあります。

では、デメリットはどのような点があるのでしょうか。

派遣社員のデメリット
世間体 派遣社員は世間的にはあまり長く続けるのは良いとは言えません。

世間からは20代後半にもなると正社員で他に足をつけてきちんと働くべきだと見られてしまいます。

スキルアップ 長年正社員として働いてると自分の努力次第で平社員から管理者になることもできます。

しかし派遣社員は派遣のままで役職が与えられません。

収入面 派遣社員だと時給が少し上がることがあっても、派遣社員では大幅な給料UPは見込めません。

年齢を重ねるに連れて昇給の幅は正社員と広がっていきます。

派遣社員のデメリットは主に長期的な目線で考えた時に正社員と比べて不利になる部分があるということです。

派遣社員に向いている人

派遣社員は仕事以外にやりたいことがある方におすすめと言え、仕事が自分の中で中心ではない方に合っていると言えます。

また、介護をしながらなど家庭の事情がある方なら、シフトに融通の効く派遣社員として働いていた方が休みも取りやすく心苦しくないでしょう。

しかし、長く腰を据えて働ける職場を求めていて20代後半なのであれば正社員の仕事を探した方が良く、今までは派遣でも今ライフプランを変えようと考えているなら転向は急いで正社員で働くことのできる職場を探してください。

まとめると派遣社員は下記の点に当てはまる方となります。

・仕事で過度の責任を負うのが苦手
・給料の上がり幅は少なくても問題ない(昇給にあまり興味がない)
・20代前半でスキルをつけたい方

当然、仕事に対する意識だけではなく、生活環境などによって派遣社員がベストの選択肢という方もいますが、もし20代後半~30代で正社員になりたいのに派遣社員のまま働き方を変えることができないという方は正社員への転向も視野にいれることをおすすめします。

正社員転向するメリット・デメリット

派遣社員で働くメリット・デメリットを把握したら、正社員に転向するかどうかを判断する決め手となる正社員のメリット・デメリットをチェックしてみてください。

正社員のメリット・デメリットを知った上で正社員になりたいと決められるなら、派遣から正社員への転向は向いていると言えます。

正社員のメリット

正社員のメリット
収入 例え風邪をひいて会社を休んでも収入が保証されます。

安定した収入が手に入り安心です。

昇給や昇格 頑張って上を目指せば昇給や昇格が望め、派遣の方と比べて待遇に差が出てきます。

福利厚生は正社員であれば有名ホテルやレストラン、ジムの割引サービスなど福利厚生がしっかりとしていて、退職金もしっかりと貰えます。

今ではボーナスはある場合とないところがありますが、貰える会社なら夏と冬にボーナスが振り込まれるでしょう。

世間体 20代後半だと世間の目も20代前半の頃より気になるものです。

周りの目が気になると言う理由から派遣社員を続けることに悩みを抱えているなら、正社員は世間から見ても「しっかりしている人物」と見てもらえる為、転向した方が良いでしょう。

正社員のメリットは派遣社員よりも安定性があるということです。

また、金銭面でも20代後半から昇給などで年収が大幅に上がることも期待できます。

正社員のデメリット

正社員のデメリット
責任からの残業 社員は安定した給料が支払われる分、責任ある立場と捉えられ、派遣の方やアルバイト・パートをまとめたり、責任のある仕事を任せられるので重荷になる部分はあるでしょう。

そして、その責任面から社員はどうしてもパートやアルバイトの方が出来なかった仕事の部分をフォローしたり、高い給料を貰っている分、半端な働きは許されないので、残業も必然的に増えることが多いです。

休みに自由が効かない 仕事量や内容が責任を伴うことが多いことで、気軽に休みにくくなってしまいます。

職場の環境によっては有給を取りやすいところもありますが、現在抱えている仕事が滞りなく進むかなどの配慮は必要になります。

転勤や部署異動 社員には転勤しなくてはならない場合があり、会社から辞令が来たら引越さなくてはなりません。

辞令が来て転勤になると場所によって多少業務内容が変わっていたりするので、臨機応変な対応が必要になります。

副業できない 社員はアルバイト・パートまたは派遣とは違って副業ができない会社が多いです。

最近は副業OKとしているところも増えましたがまだ少数となります。

正社員は副業ができなかったり責任ある立場となるので窮屈な部分はありますが、その反面、休んだとしても安定給が貰えます。

今では派遣の方も人材派遣会社の方で福利厚生や社会保険などの補償を利用できるので、あえて正社員のメリット面には福利厚生や社会保険のことは書きませんでしたが、正社員になればもちろん各種補償面もしっかりしていて、基本的に給料も高いので、グレードの高い生活が送れます。

しかし、休みに自由は効かなくなるなどのデメリットもあります。

でも、まったく取れないようなことはないので、多少の窮屈さを我慢できるなら社会的ステータスを手に入れる為にも、20代後半なのであれば社員になれるラストチャンスとも言える為、派遣社員よりも社員を目指すというのも一つの選択です。

正社員に転向するための手順

派遣社員・正社員、双方のメリット・デメリットを把握すると、自分にはどちらが向いているのか見えてくるでしょう。

そして、その上で正社員を選んだのなら、正社員になる為、転向の手段を予め確認しておくと転向がスムーズです。

派遣社員が正社員になる方法を一つずつ見ていきます。

今の会社で正社員登用を目指す

派遣社員は派遣会社から派遣されていますが、実際に深く関わりがあるのは現場の上司や一緒に働いている社員等の方です。

「仕事ができる」と気に入られれば引き抜きもあり、そのまま今、派遣社員として働いている会社で正社員になることもできます。

ただし、引き抜きは現場で評価されるように日々の努力が必要となります。

契約更新のタイミングで会社に交渉する。

3年経つと派遣社員は契約更新の時期になり一度ひと段落ではありますが、このタイミングに合わせて社員になれないかどうか派遣会社や現場の方々と相談するのも社員になる一つの方法です。

ただし、仕事に対する評価の高さと共に信頼関係が構築できていないと交渉はマイナスに動く可能性もあります。

5年ルールにより無期雇用契約を希望する

派遣社員だけでなくアルバイトや契約社員の方も5年間働いていれば、無期雇用契約を自ら希望することができるので社員になることができ、同じ場所で長く働いておくことも社員になる賢い手段です。

違う会社で正社員を目指す

もし、今働いている会社が自分には合わない為、正社員になることを渋っているのであれば、思い切って違う会社で正社員になれるように面接を受けて行きましょう。

ただし、派遣社員であれば合わない会社に遭遇してもすぐに新しい働き先を派遣会社側が用意してくれますが、正社員を1から自分で探すとなると自分で職場を探さないとならないのでこの点は注意してください。

一度決まったところを簡単に辞め、新しい職場を探すことは難しい選択です。

正社員になるにはいろいろ方法があるので、自分の状況に合わせた方法を選ぶのが正社員への近道と言えます。

3年間派遣社員として働いていてその会社からまた契約を更新したいと言われているなら、そのまま働いて、5年たったところで正社員になりたいと申請した方が、新しいところではじめから仕事を覚える必要もありません。

人間関係も派遣社員として働いていた為、周りの人の性格なども分かっているので安心でしょう。

ですが、何か自分に秀でたものがありそれを生かした仕事など確固たる意志があるのであれば、新しく正社員として働ける職場を探した方が自分自身の為となります。

正社員になるなら先を見据えて自分がどうなりたいのか? 考えることが大切です。

30代で持っていると良い資格一覧

30代の方で持っていると良い資格についても触れたいと思います。

TOEIC
中小企業診断士フィナンシャルプランナー日商簿記

秘書検定

基本情報技術者

これらの資格を持っていると転職をしやすくなる可能性が高まります。

当然、自分のやりたい業務によって持っていると効果的な資格はことなりますが 、TOEICや簿記、秘書検定などは事務職に就きたい方にはおすすめできます。

20代後半と30代半ばの転職の違いについてとそこから見えてくる一番良い正社員転向のタイミングは?

20代後半になると今後についてを考えるからこそ、そろそろ安定職に就き働かなくてはと正社員を視野に入れ始める方も多くなります。

しかし、中にはもう少し遅くても大丈夫なのではないかと、30代半ばまで待つと言う意見もしばしば耳にします。

しかし、20代と30代では会社側も面接で見る点が異なってくるので、「30代でもまだ正社員になれるのが? 」と言う疑問に対しては、面接で見られる点の違いを理解していないと厳しいと言えるでしょう。

20代であれば正社員として採用しても、まだ先がありポテンシャル採用もあるという点から需要が多く、比較的採用されやすいです。

このことは、資格やスキルなどがなくても20代でなら採用される可能性は高いと言うことなので今まで何か特別なことをして来なかった方でも、20代と言う年齢は正社員になるにあたって大きな強みと言えます。

対して、30代半ば頃からは実績や能力によって評価されるようになるので、資格や自分の今までのスキルがとても大切となり、会社側から評価される実績がないと正社員雇用は難しくなるのです。

このことから30代半ばでも正社員へと転向したい方は資格やスキルなどのアピールできる部分をできるだけ増やし、会社にとって有益な人物となりえるということをしっかり伝えることが大切です。