正社員になりたい。でも自信がない…派遣社員から正社員になるには

派遣社員の悩み

派遣社員から正社員になりたいと考えているけど、なんだか自信がないという方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

そのような場合、正社員になるための方法や正社員のメリットなどを明確にすることで、自信につながることもあります。そこで、今回は正社員のメリットや、正社員になるための方法や、やっておくと良いことなどについて解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

正社員になる自信がないと感じてしまう原因とは?

正社員になりたいけれど、自信がないと感じてしまう原因はいくつか挙げられます。

1.週5のフルタイム勤務ができる自信がない

正社員は労働契約に期間の定めがない無期雇用で、就業規則に明記されている所定労働時間がフルタイムであるところが派遣社員と異なります。

派遣社員の場合だと、シフトを自由決めることができるため、週3勤務など比較的にフルタイムで働くことは多くありません。

しかし正社員は週5勤務であるため、体力が持つのかや、生活リズムが変化に対応できるのかという不安から自信がなくなってしまうこともあります。

2.責任のある仕事に対応できるか不安

正社員は責任のある大きな仕事を任される機会が多いです。

また、派遣社員は決められた範囲の業務だけを行うのに対して、正社員は仕事の範囲が明確に決まっておらず、積極的に様々な業務の遂行を期待されます。

請け負う仕事の内容や仕事の範囲が責任とともに大きくなる正社員の業務スタイルは、派遣社員と異なるため不安になってしまうのもわかります。

3.スキルに自信がない

派遣社員の業務は正社員と異なり、裁量の大きい業務は少ないく、基本の業務以外を任せられることはあまりないため、一定のスキルは身につきますが、幅広いスキルは取得しにくいと考えられます。

そのためスキルに自信が持てないという不安が生まれ、正社員としてやっていくことができるのかと悩んでしまうケースもよくあります。

4.正社員経験がないため不安

正社員は、一度入社してしまうと辞めることができないのではないか。残業ばかりで、休みはないのではないかと、漠然と「正社員」という言葉に対して過剰にプレッシャーを感じている。

また、正社員になるためには、新卒か正社員として働いた経歴が必要であると思い込んでしまってたりと、正社員を経験していないことからくる不安は、正社員になる自信を阻害する最も大きな要因ともいえるでしょう。

正社員になるメリット

正社員のマイナスな面だけが目について不安になっている方もいらっしゃると思います。

そこで、正社員で働くことのメリットにいてみていきましょう。

1.安定して働くことができる

正社員には雇用期間の定めがないうえ、自ら退職するか、会社が倒産したなどのよほどのことがない限り解雇される可能性が低いです。

整理解雇などが適用されることもありますが、条件が厳しく容易には解雇することができません。

2.福利厚生が充実

福利厚生とは企業から支払われる給料以外の報酬のことです。法律で義務付けられている、健康保険などの法的福利厚生と、資格支援制度や住宅手当などの法的外福利厚生があります。

法的福利厚生は一定の条件を満たしている派遣社員であれば対象となります。

しかし、法的外福利厚生はそれぞれの企業が対象者や内容を決めることができるため、正社員だけが対象となったり、正社員と派遣社員の間で差があることがほとんどです。

3.昇給や昇給の機会がある

正社員は長く働くことで昇給の機会が訪れます。派遣社員は昇給がなかったり、あるとしても一時間10円~50円程です。

しかし、正社員の昇給は月に5000円~10000円程となっています。また、成果をだし、会社に貢献することで、昇格を果たせることが多いです。

昇給や昇格の機会があることは、モチベーションの維持にもつながります。

4.裁量の大きい仕事に携われる可能性が高い

正社員は会社の利益を増やすことが求められるため、期待も込めて責任のある仕事を任されることが多いです。

裁量が大きく責任のある仕事を達成することで、やりがいを感じると同時にスキルアップを図ることもできるでしょう。

5.教育制度が充実

企業が入社した正社員に対し、教育制度や研修制度などの設けているところがほとんどです。

このようなキャリアアップのための制度が充実しているとことも正社員のメリットだといえるでしょう。

6.社会的な信用が得られる

正社員は収入が安定しており、長期勤務が見込める正社員は社会的信用が得られます。

例えば、住宅や車のローンを借りる際や、クレジットカードを作る際に審査に通りやすいなどがあげられます。このように、人生設計の自由度も高まります。

派遣社員から正社員になる方法

派遣社員から正社員になるにはいくつかの方法があるので紹介します。

転職サイトから正社員求人に応募する

自分で求人を検索・応募したいという場合には転職サイトを利用がおすすめです。

自分の希望する業種や条件で求人を絞り込み応募していきますが、すべて自分で行うため負担は大きいです。しかし、自分のペースで転職活動を進めることができるところは、メリットといえるでしょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは、登録すると専任のコンサルタントが付き、求人者に合った求人の紹介、面接対策や内定後のサポートもしてくれるサービスです。

他にも、キャリア相談などの相談も行えるため、初めての初めての正社員になるための転職活動で不安だという場合は、転職エージェントに相談することもできるでしょう。

また、転職エージェントを利用する際は目的に合った転職エージェントを利用しましょう。今回の場合、転職エージェントは、最大手の求人数のリクルートエージェント、派遣やフリーターからの転職に強いJACがおすすめです。

紹介予定派遣制度を利用する

通常の派遣とは異なり、派遣先の企業が直接雇用を前提としている派遣のことを紹介予定派遣といいます。

紹介予定派遣は就業前の書類選考や面接が行われたり、派遣期間が最長6ヶ月など、通常の派遣とは少し異なります。派遣期間を経て企業と候補者の合意により直接雇用となります。

しかし、直接雇用には、正社員の他に契約社員や、パート・アルバイトも含まれているため、必ずしも正社員になれるとは限りません

今の派遣先で正社員に昇格する

派遣先で正社員になることは不可能ではないですが、可能性は低いです。

どうしても今の派遣先の環境が自分に合っており、ここで正社員として働きたいという場合は、前例があるか調べてみてください。

その会社に派遣社員から正社員に昇格したという例があれば、その企業に派遣社員から正社員に登用する仕組みがあるということになり、正社員が辞めてしまったなどの場合に登用される、可能性が高まります。

正社員になるためにやっておきたいこと

正社員経験がなく、スキルがないため正社員になる自信がない。また、正社員になりたいが、何から始めればいいかわからなくて不安だという悩みを持っている方もいると思います。

そこで正社員になるためにやっておきたいことについて解説していきます。

目標の業種や業界に合わせた資格取得やスキルアップ

未経験の業種であっても、その業種に関連する資格を持っていればアピールポイントになります。

また、希望する業種に関連する知識やスキルを学び、身に着けておくことで、面接の良いアピールになりますし、入社した後もスムーズに仕事に取り掛かることができるでしょう。

転職エージェントや転職サイトに登録をする

転職サイトや転職エージェントを利用して正社員に転職しようと考えている場合は、まず登録してみることから始めてみましょう。

転職エージェントを利用するのであれば、正社員になりたいが転職活動がうまくいっていないという悩みを相談することもできます。

キャリアプランを明確にする

どのような業種に就きたいかかなどのキャリアプランを明確にしておくといいです。

「なぜ正社員として働きたいのか」という質問は面接の場面でも必ずと言っていいほど振られるでしょう。

その際に、事前に明確なキャリアプランを立てていることををアピールすることができれば、好印象を与えることができます。

派遣社員でも正社員になれる!

派遣社員から正社員になりたいけれど自信がないというのには、いくつか理由があると思います。スキルがないから…。と考えてしまっていたとしても、実際は自分の思い過ごしだったり、過剰に正社員へのプレッシャーを感じているからかもしれません。

正社員になる自信がなくなってしまう原因をあげていき、どうすれば自信をつけることができるのかをじっくり考えてみましょう。

そして答えが見つかったら、あとは小さなことからでも正社員への転職に向けて行動を開始してみてください。そうすると、おのずと自信もついてくるはずです!