同じ部署なのに派遣会社によって時給が違う!その理由と待遇アップへ繋げる行動

派遣社員の収入

あなたは、同じ部署なのに派遣元の会社が違うだけで時給が違うなんて不公平だと思いませんか?

普通に考えると、同じ部署で同じ仕事をしていれば時給も同じだと考えるでしょう。

実際、契約社員やアルバイトなどは同じ部署で同じ仕事をしていれば、当然時給も一緒の金額のはずです。

しかし、派遣社員の場合は時給を派遣元の会社が決めるため、部署と仕事が同じだとしても時給が違うといったケースが発生します。

あなたの時給の方が高い分には、「良かった」と思うだけでしょう。

反対に、自分の時給の方が安いと「不公平だ」と感じたり「自分も同じ時給にならないかな?」と考えたりするはずです。

そこで今回は、同じ部署なのに派遣会社によって時給が違うという実態について解説します。

考えられる原因や時給が異なる時の対処法などもお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

同じ派遣先・部署なのに派遣会社ごとに時給がことなることは多い

同じ派遣先で同じ部署なのに、派遣元会社によって時給が異なるというケースは意外に多いです。

もちろん、派遣元が同じなら時給が違うというケースは少ないでしょう。

しかし、派遣元の会社が違えば、時給は派遣元企業が決めて給料を支払っているので、時給は派遣元企業によって異なるのです。

では、なぜ同じ仕事をしているにもかかわらず、時給が違ってしまうのでしょうか。

考えられる原因としては、主に以下の2つが挙げられます。

派遣会社の規模・営業力の差

派遣先と派遣料金について交渉した際の営業力や、派遣会社の規模の違いで派遣料金にばらつきが出るケースがあります。

派遣会社の規模が大きくなれば一人あたりのマージンを多少少なくしても利益は確保できるので、結果的に派遣社員の方の給与が上がり安くなるということが起こります。

また、派遣先へどのくらい人材を派遣しているかなどの実績は金額交渉に大きな影響を与えるので、会社の規模は無視できない要因といえます。

派遣会社の設定したマージン率の違い

そもそも、派遣社員の取り分は派遣会社の設定した賃金の割合によって異なるのです。一般的な設定では、派遣社員の取り分は時給の中の7割と言われているものの、中にはこれよりも社員の取り分が低い設定の派遣会社があります。すると、同じ企業で同じ部署なのに派遣元の違いで時給が変わるという訳です。

このような原因によって時給に違いが出るので、できれば複数の派遣会社を同時に登録して、時給相場をあらかじめ比較しておくと良いでしょう。

派遣会社により時給が異なる場合の対処法

派遣会社によって時給が異なる場合、どのようにして対処すれば良いのでしょうか。

ここでは、具体的な2つの対処法について解説します。

対処法1.時給アップ交渉を行う

1つ目の対処法は、派遣会社に直接時給を上げてもらえるように交渉することです。

この方法であれば、転職や派遣会社の登録先を変えるなどの面倒な行動が不要なので、まず行動に移しやすい方法となります。

ただし、派遣会社からしてみれば、自社の業績などから算出した時給なので、交渉しても対応してもらえない可能性は高いとも言えます。

まずはダメもとで交渉をしてみて、それでも無理なら対処法2を試してみてください。

ちなみに、交渉の方法についても後で記述するので参考にしてみるのがおすすめです。

対処法2.時給が高い派遣会社に再登録する

2つ目の対処法は、時給が高い派遣会社に再登録することです。

1つ目に紹介した交渉によって、派遣会社が時給アップに応じてくれなかったのであれば、複数の派遣会社に登録したうえで、時給をチェックして一番条件の良い派遣会社から申し込みを行ってください。

そもそも、同じ会社で同じ部署にいるのに時給が高い方がいるはずなので、その方にも、どの派遣会社に登録しているのか話を聞いてみると良いでしょう。

時給が高い方と同じ派遣会社に登録すれば、高い悪率で今よりも高い時給を提示してもらえます。

時給アップの交渉術

派遣会社の登録を変更する前に、まずは派遣会社に対して時給アップの交渉をした方が良いと解説しました。

しかし、ただ「時給を上げてほしい」と伝えても、応じてもらえない可能性が高いです。

派遣会社からすると時給を上げるに値する証明がないと動けないからです。

もしも、「時給を上げてほしい」と声を上げれば全てOKという形になったら声を上げたもの勝ちになってしまします。

そこで、以下のような方法を使って上手に交渉してみてください。

  • これまでの派遣社員としての実績を具体的に伝える
  • 時給を上げた場合のメリットを提示する

派遣会社にとってのメリットと派遣先へのメリットなどをアピールすることが大切です。

ここでは自己分析も合わせて行い、自分の持っているスキルは何か整理してみましょう。

改めて考えると自分にはアピールポイントが多かったと気がつくかもしれません。

時給交渉は時期が大切

時給アップの交渉は、話をする時期によって成功する確率が変わります。

その理由は派遣社員の賃金は契約によって決められているため、契約途中に賃金の変更を申し出ても、変更するのに手間がかかるという理由から反対される可能性が高いのです。

時給アップの交渉は、意見が取り入れられやすそうな時期にした方が成功率は高くなります。

では、おすすめはいつなのか、タイミングとしては大きく分けて2つの時期が挙げられます。

契約更新の時期

契約更新の時期に、今後も変わらず自社で契約して欲しいと思われていれば、派遣会社は熱心に時給に関する相談に乗ってくれると考えられます。

契約更新の面談などでは現時点での不満や待遇の改善など様々なことをヒアリングする場でもありますので、時給の交渉の場としても違和感なく話ができるタイミングとなります。

派遣社員としてのキャリアを積んだタイミング

2年以上のキャリアを積んだ社員なら、派遣会社もその働きぶりも評価されて、時給アップ交渉に乗ってくれる可能があります。

今までの業務内容などをまとめて自分のアピールポイントとして利用しましょう。

このように、闇雲に時給アップの交渉をするのではなく、ベストなタイミングを見極めて交渉した方が成功率は格段にアップします。

時給アップ交渉の時の注意点

派遣会社に時給アップの交渉をする際、いくつかの注意点があるので確認していきましょう。

注意点1.時給アップの話は担当の営業の方に話す

時給アップの交渉を派遣会社にすると聞くと、派遣会社の人なら誰でもいいというわけではありません。

しかし、派遣元の会社では派遣社員に対して、一人ひとり営業担当者が割り当てられているので、時給アップの交渉は、派遣先の企業の方ではなく派遣会社の営業の方に話した方が良いでしょう。

なぜなら、あなたの担当ではない方に伝えても、しっかりと話を聞いてくれなかったり、実際に行動してくれなかったりする恐れがあります。

それに対して担当である営業の方なら、あなたに長く仕事を続けてほしいと真剣に考えているため、時給アップの交渉をすれば親身になって話を聞いてくれて、実際に行動に移してくれる可能性が高くなります。

時給アップの交渉は、絶対に営業担当者の方に伝えるようにしてください。

注意点2.時給が高い代わりに他の待遇が下がる可能性がある

派遣の時給は、マージン率によって決まります。

しかし、派遣会社は全て会社の利益に回しているのではなく、福利厚生などの制度面を整えるための資金として使ってもいるのです。

そのため、時給が高い派遣会社に登録し直したとしても、実は福利厚生やスキルアップ面などの待遇面が悪い可能性があります。

派遣会社を選ぶ際は、時給だけでなく福利厚生や研修制度などの面も併せて総合的に判断するようにしてください。

時給の高い求人を選ぶためのポイント

続いては、時給が高い求人を選ぶためのポイントについて解説します。

派遣会社を複数に同時登録する

派遣会社と一言で言っても数多くの会社があり、企業の業績や規模などによって時給は大きく異なります。

そのため、派遣社員として働く場合、1つの会社にこだわるのではなく、複数の企業に登録した方が良いでしょう。

具体的には、時給や条件などを比較して、少しでも条件が良い派遣会社を見つけることがおすすめです。

時給が高めに設定されている業界にチャレンジする

あなたの時給が安い場合、もしかすると働いている業界全体の給与が安い可能性があります。

もしも、「その業界全体の時給が低め」という場合は、働く業界を変えるのも方法の一つ方法です。

では、どの業界なら時給が高いのでしょうか。

一般的に、時給が高いとされる業界について確認していきましょう。

順位 分野 職種
第1位 IT・WEB技術者  ✔ SE・プログラマ
 ✔ ネットワークエンジニア
 ✔ 運用管理・保守
 ✔ WEBデザイナー
第2位 専門資格が必要な仕事  ✔ 介護福祉士
 ✔ 看護師
 ✔ 保育士
 ✔ 薬剤師・栄養士・管理栄養士
第3位 オフィスワーク  ✔ 一般事務・OA事務
 ✔ 経理・会計
 ✔ 秘書
 ✔ データ入力

派遣社員の平均時給は1,500円とされている中、これらの職種は平均時給が2,200円程度となっているのです。

時給が高い業界を選ぶなら、以上のような仕事を選ぶと自然に収入アップが図れるかもしれません。

時給が高い派遣社員になる方法

最後は時給が高い派遣社員になる方法について解説します。

経験が活かせる仕事を選ぶ

時給が高い派遣社員になる方法1つ目は経験を生かせる仕事を選ぶことです。

今までに経験した業務内容とマッチする仕事があれば1番良いですが、必ずしも完全にマッチしていなくてはならないというわけではありません。

例えば、以前に販売として働き、売り上げや発注の経験があるなら、その経験を活かして事務所に就くといった考え方でOKです。

実際には、応募する職種の経験がなくても、今までの経験を深堀すると意外に活かせる経験があるものなので、それを見つけてみてください。

ベストなタイミングで求人を探す

時給が高い派遣社員になる方法2つ目はベストなタイミングで求人を探すことです。

求人は、どの時期でも同じものが出ている訳ではありません。

時期によって求人数が増えたり減ったりするので、時給が高い求人を探すなら、求人の数が多くなるタイミングを選んで探すのがおすすめです。

求人が多くなる時期は以下の通りとなっています。

  • 3
  • 4
  • 10

これらの時期は、1年の中でも特に求人数が多い時期とされているのです。反対に、2月と8月は求人数が減るので、必然的に時給が高い仕事も少なくなります。

時給が高い求人を見つけるなら、世の中に出回る求人の絶対数が多い時期にしてください。

派遣会社の担当者としっかり面談する

時給が高い派遣社員になる方法3つ目は派遣会社の担当者としっかり面談することです。

そもそも、派遣会社に登録すると、まずは営業担当者の方と面談をします。

その際に、希望の職種などを話すので、同時に時給に関してもあなたの希望をしっかりと伝えるようにしてください。

例えば、「最低でも時給1,600円以上の仕事を探しています」などと具体的な金額を伝えましょう。

NGな伝え方は「時給が高い方が良い」などと具体性のない曖昧な表現をすることです。

必ず、具体的な金額を提示して、それ以下なら仕事は受けないといった姿勢を貫き通すのが大切になります。

まとめ

今回は、同じ会社で同じ部署なのに時給が違う原因や対処法について解説しました。

同じ派遣先で働いているとは言っても、時給や福利厚生といった条件は派遣元の会社のルールに従う必要があるので、時給が違うというケースは意外に多いです。

しかし、派遣元企業の営業担当者に交渉すれば、時給アップをしてもらえる可能性はゼロではありません。

また、派遣会社によって待遇は大きく異なるので、登録先を変えてみるのも1つの手段でしょう。

「時給が安くても仕方がない」と諦める前に、まずは交渉をしてみて、それでもダメなら複数の派遣会社を比較して登録先を変えてみてください。